あるデンソー期間工のブログ

期間工、投資、セミリタイア、観光、グルメ

デンソーの勤務形態について なぜこんなに多くの勤務形態があるのか?

【スポンサーリンク】

勤務形態について

f:id:th639449:20170723234930j:plain

デンソーでは昼勤のみ・2組2交替・3組2交替・3組3交替やその他にもいくつかの勤務形態があります。また、夜勤と言っても10種類くらいの区分があります。

 この記事では

・2組2交替の勤務形態
・3組2交替の勤務形態
・3組3交替の勤務形態
・なぜこんな多くの勤務形態があるのか?

について説明していきます。

2組2交替の勤務形態

図:2組2交替勤務のシフト例


前番   8:40~17:15   12:15~13:00   
後番C  17:10~1:45   21:10~21:55
後番D  18:55~3:45   23:00~24:00
後番E  19:55~4:45   24:00~1:00


左より勤務区分、就業時間、休憩時間です。
後番(夜勤)区分はまだいくつかあるのですが、メインはこの3つです。

3組2交替の勤務形態

図:3組2交替勤務のシフト例

前番   8:40~19:10   12:15~13:00
                  17:25~17:40
後番R  19:40~6:10   24:00~24:45
                  4:25~4:40
後番S  19:10~5:40   24:00~24:45
                  3:55~4:10

左より勤務区分、就業時間、休憩時間です。
1勤務の就業時間が長いため休憩時間を2つに分けています。
余力に応じて他の組への休日出勤をすると、効率的に稼げます。

3組3交替の勤務形態

図:昼勤短時間3交替勤務のシフト例


前番A  7:10~13:45   11:30~12:15
中番B  13:45~22:20  17:40~18:25
後番F  22:20~7:10   24:00~0:30
                  4:00~4:30


昼勤短時間3交替勤務です。左より勤務区分、就業時間、休憩時間です。
前番が昼勤、中番が時差勤、後番が夜勤で、前番は週6日出勤です。

以前は見かけたことはなかったのですが、最近の残業規制、残業削減の流れを受けてか3組2交替ではなく3組3交替となる職場が出てきています。これから増えてくるかもしれません。

なぜこんな多くの勤務形態があるのか?

それは生産量の変動に対応するためです。


ある製造部のある組で毎月の生産量が一定ならば何も問題はないのですが、実際は月による生産量の変動がかなりあります。2組2交替で少ない生産量に対応するためC勤で残業を抑えて生産するとか、多くの生産量に対応するためE勤にして残業を多くして生産するとかしています。


2組と3組の違いについて。


生産量が大量でそれがしばらく続く状況で、2組2交替の年間の残業の上限を超えても生産が追い付かない場合、2組2交替から3組2交替(3交替)に変更します。3組2交替なら月の45時間の残業範囲内で代休代出を含め、日曜の昼夜を含むフル稼働が可能となります。


逆に生産量が大きく減ってそれがしばらく続く状況では、3組が解除されて2組2交替となります。このようなシフトの変更はわりとよく見られます。


また、1つの組に昼勤のみ、2組2交替、3組2交替が混在している職場もあります。これは大量の生産に確実に対応していくためで、人員に余裕を持たせて生産しています。1番稼ぎやすい職場と言えます。


配属や勤務形態は基本的に会社の決定に従うこととなります。どんな職場・勤務形態でも柔軟に対応していくことが重要です。



関連記事です。

理想的な勤務形態と交替勤務を乗り切るコツについてです。

www.d-kikankou.site

 

有給休暇うまく使用して複雑な勤務形態に対応します。

www.d-kikankou.site

 

部署や製作所の移動も起こりえます。

www.d-kikankou.site