あるデンソー期間工のブログ

期間工、投資、セミリタイア、観光、グルメ

いよいよ期間満了! デンソー期間工の退職と退寮について

【スポンサーリンク】

デンソー期間工の退職と退寮

f:id:th639449:20170720183324j:plain

期間工として働いてきましたが、契約期間の満了日で退職・退寮となります。

デンソー期間工の退職・退寮について

・退職日までにすること
・退職日のスケジュール
・退寮

の3つについて説明します。

退職日までにすること

満了月の1ヶ月前に「退職手続書」が手渡されます。退職手続書と一緒に「退職日当日の案内」「退職後の健康保険について」の書類も手渡されます。


その後の流れとして

退職手続書に必要事項を記入し寮事務所へ持って行く

退寮日を決めて寮管の印鑑を貰う

退職手続書を職場上司に提出する

寮の部屋の掃除・片付け・荷造りを始める

となります。


退職手続書に記入する住所は、新しい住所が決まっているならその住所、未定なら実家の住所を記入します。


退寮日を決めて寮管の印鑑を貰う際に「退寮チェックシート」が渡されます。掃除や不用品の処分など退寮までにすることが記載されているので、それに従って寮の部屋の掃除・片付け・荷造りを始めます。

退職日のスケジュール

退職日のスケジュールはおおよそ次の通りです。


退職日の週は昼勤となり、退職日も昼勤です

退職日当日15:40分まで通常の作業をします

15:40~15:50分まで私物入・ロッカーの整理、最後の別れの挨拶

15:50分から勤労へ向かいます

16:00時より勤労で退職手続き


各製作所により若干の時間の違いがありますが、およそこのような流れです。


なお退職日当日、退職手続書・印鑑・従業員証・IDカード・健康保険証は絶対に必要となります。もし忘れたら取りに帰されます。忘れないようにしましょう。


勤労での退職手続きは

 

従業員証・IDカード・健康保険証を返却する

2つの封筒に自分の住所を記入する

健康保険任意継続の用紙を記入する

 

となります。


2つの封筒は離職票と給与明細の送付に使用します。新しい住所が決まっていたらそこの住所、決まっていなかったら実家の住所を記入します。


健康保険の任意継続については、「退職後の健康保険について」の書類をよく読んで必要なら任意継続をします。健康保険の手続きは内容がやや複雑なので、あらかじめよく理解しておくことが重要です。

退寮

まず注意点としてデンソー期間工は原則、満了日の翌日が退寮日となっています。初回の半年で満了するのなら、事前に寮の部屋の掃除・片付け・荷造りが必要となります。


期間工を半年以上継続したら有給が発生しています。少し有給を残しておいて退職日を満了日より早め、余裕をもって退寮日を迎えることをお勧めします。


退寮日は寮管が部屋に来て「退寮チェックシート」に沿って部屋を点検します。決してダメ出しされないように、掃除・片付けを入念に行います。この点検に合格して退寮となります。


退職と退寮は期間工生活の最後の最後です。お世話になったデンソーに決して迷惑をかけないようにしたいですね。立つ鳥跡を濁さずです。



関連記事です。

給料をもらう回数も残り少なくなってきました。 

www.d-kikankou.site

 

満了金も次回で最後です。 

www.d-kikankou.site

 

年収はどのくらいになったのでしょうか。 

www.d-kikankou.site