あるデンソー期間工のブログ

期間工、投資、セミリタイア、観光、グルメ

デンソー期間工の日記! ペーパーレス化が進む!

【スポンサーリンク】

今週の振り返り

f:id:th639449:20171215230800p:plain

今週もお疲れさまでした。


今週は延長申請の案内が来ました。


私は5月入社で11月満期なのですが、2ヶ月前の今月に案内が来ました。まず班長から口頭で延長の意思があるか聞かれ、「はい」と答えてその後に延長申請書類の提出です。何もなければ延長できるはずです。


ちなみに自分の職場は8月のお盆明けから、昼勤のみで稼働していて夜勤をやっていません。私も8月の2週目からずっと昼勤のみです。この辺の事情は「期間工の給料」のカテゴリーで月単位でまとめていきます。


さて、私は現在デンソー期間工の3回目の赴任中なのですが、今回は特にペーパーレス化、Web化が目立つようになってきたと感じています。これも時代の流れなのでしょうか?ペーパーレス化について少し書いてみます。

ペーパーレス化、Web化が進む

まず研修中に驚いたことが、遅刻・欠勤・早退と有給の申請に使用する休務票(緑のカード)が無くなったことです。スマホかPCを使ってWeb上で申請するとのことですが、緑のカードに慣れ親しんだ私には違和感がありました。


ちなみに経験者に与えられる慰労休暇の申請については、Webと従来通りの「黄色のカード」を併用して申請します。私もすでに慰労休暇を1日使いましたが、やはり紙のやりとりのほうがしっくりきます。


職場に配属されてすぐにアンケートがあったのですが、この回答もスマホ、紙の2つがあってスマホが推奨されていました。いずれスマホ1つになるでしょう。


賃金明細票の電子化については以前に書きました。基本はすべて電子化され、紙の明細が必要な場合は、別途その理由を提出して紙の明細を貰うというものです。


これはまだ私は経験していませんが、健康診断についてもWeb化が進んでいるとのことです。問診票を事前にWebで回答したり、結果をすぐWebでみることができるようになったとのことです。

この流れは止まらない

今年入社したデンソー期間工は、普通にこれらのことを受け入れているはずです。ペーパーレス化、Web化は当たり前のことだし、事実紙に比べ便利になっていることは間違いありません。


しかし私は古い人間のせいか、どうしてもこれらのことに違和感を持ってしまいます。確かに便利にはなっていますが、何か大切なものを失っているような気がします。それともそのうち慣れてくるのでしょうか?


いずれにせよ、これからもこの流れは止まらないのでしょう。周りの物がどんどんペーパーレス化、Web化されていくはずです。


そういえば延長申請のやり取りは書類を使って行ったのですが、近い将来このやり取りもWeb上で行われるようになるのかもしれませんね。