あるデンソー期間工のブログ

期間工、投資、セミリタイア、観光、グルメ

今年も期間工の日給がアップします!

【スポンサーリンク】

2017年10月第1週

f:id:th639449:20171215232735p:plain

今週は契約期間更新の誓約書を提出しました。これで事故・災害その他特別なことが何もなければ、来年5月までの期間延長となります。セミリタイアはまだですね、もう少し期間工として働く予定です。


今週末は待ちに待った3連休です。10月7~9日、金土日の3連休です。今年度のデンソーカレンダーを見ても、3回の大型連休を除いて3連休はこの一回だけです。身体を休めるもよしお出かけもよし、3連休を有意義に使いたいものです。


さて、今年も去年に続き期間工の日給がアップします。アップする金額はこれも去年と同じ150円です。2017年10月の勤務より日給がアップ。翌月11月20日の給料から上昇分が反映されます。デンソー期間工の賃金について少し書いてみます。

日給の推移

私がデンソー期間工に初赴任した2010年の日給は

1年目  9,000円
2年目 10,000円
3年目 10,300円

というものでした。


その後に複数回の日給のアップ。

2015年1月  200円アップ
2015年7月  300円アップ
2016年10月 150円アップ
2017年10月 150円アップ


よって現在の

1年目  9,650円
2年目 10,650円
3年目 10,950円

が、今年の10月から

1年目  9,800円
2年目 10,800円
3年目 11,100円

となります。結構な上昇ですね。


日給が150円アップして20日勤務だと、単純に月に3,000円の上昇となります。しかし、時間外勤務手当、休日勤務手当、深夜作業手当、指定代休手当も日給に応じて割り増しされます。総支給はかなり増えますね。


このご時世にありがたいことです。


また、現在はあらゆる業種で人手不足が叫ばれていて、少子化や生産年齢人口の減少はこれからも続いていきます。デンソーを含め各製造業者は人集めに苦労することは目に見えていて、この賃金上昇の傾向はまだ続いていくと思われます。

残業削減の流れ

今は国が先頭に立って残業削減の音頭を取っています。自動車業界も年間の残業時間を最大540時間と決めたようです。当然デンソーもそれに従うことになります。


12×45で540です。すなわち月45時間の残業を1年やれば、それで上限になるということです。これまでのように毎月43時間の残業をしながら、できる限り残業70時間の申請を行うということはできません。


70時間の残業をしたなら他の月の残業を20時間にする、という調整をして年間残業を抑えていきます。期間工の中には自ら進んで月間・年間の残業上限まで働こうとする者もいるのですが、そういうことはもうできなくなります。


労働時間を少なくして効率よく働いていく、もうこれは時代の流れです。その意味でも期間工の日給がアップして各種手当が上昇していくというのは、時代の流れにマッチしていると言えるでしょう。


デンソー期間工のますますの待遇の改善を期待します。