あるデンソー期間工のブログ

期間工、投資、セミリタイア、観光、グルメ

それぞれの「夢と想い出」に出会う場所! リニア・鉄道館へ行ってきました!

【スポンサーリンク】

リニア・鉄道館

f:id:th639449:20170803061543j:plain

東海道新幹線を中心に、在来線から超電導リニアまでの展示を通じて「高速鉄道技術の進歩」を紹介します。鉄道が社会に与えた影響を、経済・文化および生活などの切り口で学習する場を提供します。

リニア・鉄道館へのアクセス

名古屋臨海高速鉄道あおなみ線金城ふ頭駅」より徒歩2分。

エントランス

建物・受付と近未来的な感じがします。

シンボル展示

f:id:th639449:20170803062508j:plain

C62形式 蒸気機関車

日本最大・最速の蒸気機関車で特急「つばめ」「はと」などで活躍。1954年、狭軌鉄道の蒸気機関車としての世界最高速度(129km/h)を記録。

f:id:th639449:20170803062556j:plain

955形 新幹線試験電車(300X)

最新・最良の高速鉄道システムを追求するために開発した試験車両。1996年、電車方式による当時の世界最高速度(443km/h)を記録。

f:id:th639449:20170803062636j:plain

超電導リニア MLX01-1

2003年、山梨リニア実験線において、当時の鉄道の世界最高速度(581km/h)を記録。

車両展示 在来線エリア

f:id:th639449:20170803062820j:plain

モハ1形式 電車

鉄道省が製作した木製電車で現存する唯一の車両。京浜戦、中央線などで活躍し通勤電車の標準となった。

f:id:th639449:20170803062857j:plain

モハ52形式 電車

戦前に京阪神間の急行電車として活躍。流線形デザインから「流電」と呼ばれた。晩年には飯田線にも使用された。

f:id:th639449:20170803062928j:plain

キハ181形式 気動車

日本初の大出力特急気動車で、勾配区間の高速運転を実現。中央本線の特急「しなの」としてデビューし、北海道以外の全国で活躍した。

車両展示 新幹線エリア

f:id:th639449:20170803062957j:plain

0系21形式 新幹線電

東海道新幹線の開業時(1964年)から使用した0系と同型の先頭車。世界で初めて最高速度210km/hで営業運転を行った。

f:id:th639449:20170803063029j:plain

100系123形式 新幹線電車

0系の後継車として1985年から営業開始した100系の先頭車。0系をベースとしながらも居住性の大幅な改善が図られた。

f:id:th639449:20170803063059j:plain

300系322形式 新幹線電車

270km/h運転を実現した300系量産先行試作車。軽量化を追求し、高速走行、省エネルギーなどの性能が大きく向上した。

f:id:th639449:20170803063128j:plain

700系723形式 新幹線電車

1997年に登場した700系量産先行試作車。270km/hを超える高速運転はもちろん、快適性や環境適合性を高いレベルで実現。

f:id:th639449:20170803063159j:plain

922形新幹線 電気軌道総合試験車

新幹線の安全運航を守るため走行しながら検査を行う通称「ドクターイエロー」。めったに見ることができないことから、「見ると幸せになる」とも言われる。

感想 

私はここを何回訪れたことか。実際に見て・触って・乗って電車を体感します。電車に抱き着いたり、ほっぺをすりすりする者が後を絶ちません。子供たちはワーワーキャーキャーとはしゃいでいます。


全国の鉄道マニアを唸らせる、普通の観光客でも十分に楽しむことができる、もちろん子供達には大人気、意外にもデートスポットでもあります。必ず一度は訪れるべき場所ですね。


JR東海の自分たちの高速鉄道に対するプライドが感じられます。まだかなり先ですが、リニア新幹線が開通したら私もぜひ乗ってみたいです。