あるデンソー期間工のブログ

期間工、投資、セミリタイア、観光、グルメ

それぞれの「夢と想い出」に出会う場所! リニア・鉄道館へ行ってきました!

【スポンサーリンク】

リニア・鉄道館

f:id:th639449:20170803061543j:plain

東海道新幹線を中心に、在来線から超電導リニアまでの展示を通じて「高速鉄道技術の進歩」を紹介します。鉄道が社会に与えた影響を、経済・文化および生活などの切り口で学習する場を提供します。

リニア・鉄道館へのアクセス

名古屋臨海高速鉄道あおなみ線金城ふ頭駅」より徒歩2分。

エントランス

建物・受付と近未来的な感じがします。

シンボル展示

f:id:th639449:20170803062508j:plain

C62形式 蒸気機関車

日本最大・最速の蒸気機関車で特急「つばめ」「はと」などで活躍。1954年、狭軌鉄道の蒸気機関車としての世界最高速度(129km/h)を記録。

f:id:th639449:20170803062556j:plain

955形 新幹線試験電車(300X)

最新・最良の高速鉄道システムを追求するために開発した試験車両。1996年、電車方式による当時の世界最高速度(443km/h)を記録。

f:id:th639449:20170803062636j:plain

超電導リニア MLX01-1

2003年、山梨リニア実験線において、当時の鉄道の世界最高速度(581km/h)を記録。

車両展示 在来線エリア

f:id:th639449:20170803062820j:plain

モハ1形式 電車

鉄道省が製作した木製電車で現存する唯一の車両。京浜戦、中央線などで活躍し通勤電車の標準となった。

f:id:th639449:20170803062857j:plain

モハ52形式 電車

戦前に京阪神間の急行電車として活躍。流線形デザインから「流電」と呼ばれた。晩年には飯田線にも使用された。

f:id:th639449:20170803062928j:plain

キハ181形式 気動車

日本初の大出力特急気動車で、勾配区間の高速運転を実現。中央本線の特急「しなの」としてデビューし、北海道以外の全国で活躍した。

車両展示 新幹線エリア

f:id:th639449:20170803062957j:plain

0系21形式 新幹線電

東海道新幹線の開業時(1964年)から使用した0系と同型の先頭車。世界で初めて最高速度210km/hで営業運転を行った。

f:id:th639449:20170803063029j:plain

100系123形式 新幹線電車

0系の後継車として1985年から営業開始した100系の先頭車。0系をベースとしながらも居住性の大幅な改善が図られた。

f:id:th639449:20170803063059j:plain

300系322形式 新幹線電車

270km/h運転を実現した300系量産先行試作車。軽量化を追求し、高速走行、省エネルギーなどの性能が大きく向上した。

f:id:th639449:20170803063128j:plain

700系723形式 新幹線電車

1997年に登場した700系量産先行試作車。270km/hを超える高速運転はもちろん、快適性や環境適合性を高いレベルで実現。

f:id:th639449:20170803063159j:plain

922形新幹線 電気軌道総合試験車

新幹線の安全運航を守るため走行しながら検査を行う通称「ドクターイエロー」。めったに見ることができないことから、「見ると幸せになる」とも言われる。

鉄道ジオラマ

f:id:th639449:20180429212248j:plain

f:id:th639449:20180429212300j:plain

f:id:th639449:20180429212310j:plain

f:id:th639449:20180429212326j:plain

f:id:th639449:20180429212337j:plain

f:id:th639449:20180429212352j:plain

f:id:th639449:20180429212406j:plain

HOゲージの鉄道模型を活用したジオラマです。

東京から名古屋・大阪まで東海道新幹線沿線などの代表的な建物や情景、日常的な人々の様子を精緻に再現。夜間作業も含めた「鉄道の24時間」を楽しむことができます。

新幹線シミュレータ「N700」

f:id:th639449:20180429212423j:plain

 一番人気です。

N700系新幹線の実物大の運転台で臨場感と迫力のある運転操作を体験します。運転席には本物と同じ計器類が並び、窓の外を流れる沿線風景のCG映像もリアルそのものです。東京~名古屋を運行します。

※運転操作の体験は抽選制・有料です。

在来線シミュレータ「運転・車掌」

f:id:th639449:20180429212436j:plain

在来線(313系・211系)の運転シミュレータです。

実物大313系の車掌シミュレータでは、ドアの開閉、車内アナウンスなど、実践的な車掌業務を体験できます。

※「運転」体験は先着順・有料です。
「車掌」体験は抽選制・有料です。

キッズステーション

f:id:th639449:20180429212648j:plain

f:id:th639449:20180429212701j:plain

小学生未満の子供と保護者のための部屋です。
プラレールで自由に遊ぶことができます。

デリカステーション

f:id:th639449:20180429212716j:plain

リニア・鉄道館限定のお弁当を始め、名古屋駅等の駅弁やサンドイッチ、東海道新幹線車内のコーヒー、鉄道関連のお土産を販売しています。

ミュージアムショップ

f:id:th639449:20180429212730j:plain

リニア・鉄道館限定のオリジナルグッズを始め、文具・雑貨などさまざまな鉄道グッズや玩具、お土産菓子がそろっています。

感想

鉄道には夢や希望、そしてロマンがあります。それを最大限に表現したのがここリニア・鉄道館です。


展示車両の数々を見てください。老若男女問わず、鉄道に興味があるなしにかかわらず興奮すること間違いありません。車両に抱き着く、ほっぺをすりすりするなどの愛情表現の報告が後を絶ちません。


鉄道ジオラマは何回見ても新しい発見があります。かなり深くいろいろ作りこまれているので、飽きることがありません。昼夜と何回も繰り返して見てみることをお勧めします。


ここに来たからには、新幹線シミュレータ「N700」はぜひ体験したいところです。土日祝日は難しいので、平日のお昼頃が一番のねらい目と思われます。私もその時間に一度だけ抽選に通りました。


キッズコーナーは別にキッズでなくても十分楽しめます。私も本格的にプラレールをやってみたいくらいです。デリカステーションは毎回何を選ぶか楽しみですね。「復刻 昭和39年新幹線開業弁当」が人気を博しました。


ミュージアムショップは館内を回った出口のすぐ後に位置しています。リニア・鉄道館で興奮と感動をしたら、ついつい余計に物を買ってしまうのではと思います。それを狙ってこの場所に位置しているのでしょうか、大盛況です。


私が自信を持ってお勧めできる、東海地方屈指の名スポットです。ただ前述のように土日祝日は大変混雑するので、平日の昼頃に来るのが良いです。