あるデンソー期間工のブログ

期間工、投資、セミリタイア、観光、グルメ

セミリタイアをしたら資産はどうするか? 増やす?維持する?減らす?

【スポンサーリンク】

セミリタイア後の資産

f:id:th639449:20171014231243j:plain

セミリタイア後の資産をどうするのかについて考えます。基本的には資産を増やしていく、維持する、減らしていくの3つしかありません。

 

どうするかはその人の年齢や考え方、生活レベル、保有する資産などによります。この3つのケースについて見てみます。

資産を増やしていく

セミリタイア後に資産を増やしていく例としては、投資の才能があり資産運用によってどんどん資産を増やしていく例があります。一般にリタイア後は大きなリスクは取れないのですが、大きく増やしていく人がみられます。


アフィリエイトや不動産経営、その他の副業が予想以上に好調で、一定水準の生活レベルを維持しながらもさらに資産を増やしていく例もあります。ただそうなると、それはセミリタイアではなく個人事業といったところでしょうか。


たこれはかなり特殊な例と思われますが、年金生活高齢者が将来不安から年金支給額の一部を貯蓄に回す、という事例も実際にありました。一般に高齢者は資産を取り崩していくのが普通だと思われます。そこまでする必要はないです。

資産を維持する

投資、副業、アルバイトによる複線化された収入の範囲内で生活し資産を維持します。複線化された収入を持つことで精神的・金銭的なストレスを抑え、資産を維持しながら比較的穏やかにリタイア生活を送ることができます。


強く節約を意識して生活すると資産を増やしていけるし、無駄な浪費や収入の大きな落ち込みがあると資産を取り崩すこととなり減っていきます。収入と支出のバランスを意識して資産を維持していきたいところです。

資産を減らしていく

資産を取り崩して、資産を減らしながら生活していきます。これは高齢者に普通に見られるスタイルです。


この資産を取り崩す生活にはストレスがあるとよく言われます。徐々に減っていく資産に恐怖になり精神的に病んでいくと。年を取った高齢者ならともかく、若いうちからこのスタイルを取るのは難しいことです。


1億円あったとして、1年に300万ずつ使い33年生きていく。このくらい簡単にできそうなものですが、実際には難しいとされます。私は経験したことはありませんが、資産が減っていく恐怖は相当のようです。

結果としてどうするか?

資産を維持します。


私はセミリタイア後に資産を大きく増やしていこうとは思いません。また資産を取り崩して減らしていく、このストレスに耐えられそうにもないです。結局、消去法で資産を維持することが残りました。


前述のように、複線化された収入を持ちその範囲内で生活する。これに尽きます。支出の波はあるでしょうが、その時はアルバイトの量を少し増やしたり、他の月に少し節約をするとかします。


そうして安定した生活を送りながら、老齢になったら資産の取り崩しに移行すると。その年齢が何歳かはまだ分からないし、うまくいくかは未知数ですが、とりあえずこのように考えていますし、おそらくそれが理想的であると考えます。