あるデンソー期間工のブログ

期間工、投資、セミリタイア、観光、グルメ

デンソー期間工の日記! 合理化ライン停止中はどうする? 

【スポンサーリンク】

今週の振り返り

f:id:th639449:20171215234554p:plain

今週もお疲れさまでした。


生産台数が減って残業時間が減り、この先どうなるかと思っていたのですが、今週から社員を1人応援に出しました。今までより1人少ない状態で職場を回し、残業もある程度することになります。


社員の応援先は1つではなく、日によっていろいろな部署を回るようです。自分のフロアではこのような人員の調整がよく見られます。人員の適正化と残業時間の平準化を目指しているようです。


さて、自分の職場では月に1~2回合理化ラインが2~3時間停止します。設備の故障だったり備品の交換だったりするのですが、今回はこのライン停止中に何をしているか、について少し書いてみます。

合理化ラインの停止

私の職場で期間工の作業は外観検査と機械加工なのですが、それは合理化ラインに連動しています。合理化ラインが停止して手持ち分の作業を終えたら、当然ですがすることが無くなってしまい、ここで何をするか?となります。


デンソー期間工の方はみんなこの経験があると思います。ライン外で作業を続けたり、改善提案を書いたり5Sをしたり、何か指示を受けて別のことをしたりと様々です。それでは自分の職場について書きます。

ゴミの廃棄

まず、2人1組でゴミの廃棄をします。


デンソーはゴミの廃棄について製作所、製造部により異なるのですが、自分の職場では組のゴミ捨て場にあるゴミを袋でまとめて台車に乗せて、製作所のゴミ収集所へ運んでいます。


本来この業務は生産終了後に行うものですが、毎回のライン停止中に行っています。溜まっているゴミの分量も、なぜかいつもちょうどいいのが不思議ですが、ゴミの分別に注意してゴミ収集所へ運んでいます。

発明改善提案

次に、発明改善提案を書きます。


自職場では期間工も月に1件の改善提案を提出しているのですが、ライン停止中に1~2枚改善提案を書いています。もちろん同時に提案した改善を実施しています。


改善提案の時間はなかなかとりにくいので、ライン停止中に済ますのは大変合理的。普段からいくつかネタを仕込んで置き、ライン停止中にさっと終わらせます。

5S

残りの時間で5Sをします。


5Sとは「整理・整頓・清掃・清潔・躾」のことです。自分の工程の5Sから始まって設備内の清掃、床の清掃と順次行っていきます。


この5S作業はたまにやるならちょうどいいのですが、毎回や長時間となるととにかく苦痛です。おそらく期間工の多くの方が経験していると思いますが、何かうまく時間を潰すような5Sの仕方が必要と考えます。

結論として

上に書いたような月に1~2回の2~3時間の合理化ラインの停止が望ましいです。これくらいならいい気分転換になるし、5Sもそこまで苦痛ではありません。


逆に合理化ラインがしょっちゅう、しかも長時間止まるような職場もあります。その場合、5Sに加えて上からいろんな指示が出されることが多く、たいていそれらは苦痛、不快なものになります。


職場の配属の運・不運はこのようなところにもあるようです。