あるデンソー期間工のブログ

期間工、投資、セミリタイア、観光、グルメ

私の貯金事情!

【スポンサーリンク】

2017年12月第3週

f:id:th639449:20171215214830p:plain

いきなりですが12月16日は何の日かご存知でしょうか?

 

12月16日はデンソー創立記念日です。


1949年のこの日、デンソーは産声を上げました(当時の社名は日本電装。資本金1500万円、社員1445人のスタートです。当時の社名には国際的な競争力をつけて日本を代表する会社になる、という思いが込められています。


会社創立からもうすぐ70年。今やデンソーは日本を代表する世界的な自動車部品会社となりましたが、自動車業界は激動の真っただ中にあります。決して油断はできませんが、これからもデンソーは優良な会社であり続けてほしいです。


さて、期間工といえば貯金という言葉が出るほど期間工と貯金は相性が良いです。これは実際にその通りで私も6年間の期間工生活において結構な額の貯金をしてきました。今回は貯金について少し書いてみます。

私の貯金の実績

デンソー期間工1回目の3年間で約500万。
デンソー期間工2回目の3年間で約500万。

と、このくらいの貯金をしてきました。


デンソー期間工の中には3年間で900万以上の貯金をするような猛者もいるのですが、私は500万で精一杯です。期間工生活を送るうえで消費と貯金のバランスを考えたらこのくらいが適度かと考えます。


ちなみに3回目の現在もおよそ3年間で500万のペースで貯金をしています。期間工をやる限りどうしても貯金を意識してしまいます。もっとも今回は3年間期間工をやるかは分かりませんが。

貯金をどう使ったか?

おおよそですが、1回目の500万は400万を証券口座に入金し、残り100万をメインバンクのメガバンクAに置きました。そして株式投資で大きな勝負に出たのですが、こんなやり方お勧めはできません。


2回目の500万はそのままメガバンクBに投資用待機資金として置きました。さすがに全資産をリスク資産というわけにはいきません。ある程度の貯蓄と投資の分散は必要であり、貯金をそのまま残しました。


3回目の現在は貯金はそのままメガバンクAに置きます。セミリタイアに向けて生活防衛資金としてもう少しメガバンクAに預金を積んでおきたいところです。

貯金のコツ

貯金のコツは一般に大きな固定費を削り、無駄な出費を無くし、小さな変動費を少なくすることとされています。自分にとって無理のない範囲で支出を見直し、浮いたお金を貯金に回していくというのが基本になります。


私の貯金のコツは2つあってそれは、寮に入る・車を持たないことです。


期間工が寮に入り車を持たないだけで、年間約100万はお金が浮くんですよね。6年間で600万です。期間工と貯金の相性がいいのも納得ですね。(寮を出る・車を保有することを否定しているのではありません)


細かい出費については特に気にしません。セコセコ節約というのは割に合わないしストレスが溜まるだけです。やはり小さな変動費より大きな固定費から減らす方が効果的であると思います。

期間工と貯金

せっかく期間工として働いているのだからある程度の貯金はしたいものです。収入と支出を見比べて、支出を見直して貯金していくしかありません。


まあ、期間工の中には全く貯金をせずに、酒・たばこ・ギャンブル・風俗にお金をつぎ込む者達もいて、彼らの武勇伝を聞くのはある種の楽しみでもあり、自分たちがそれでいいというのならそれでいいのかもしれません。


どのような期間工生活を送るかというのは、結局のところ自分次第ということになります。