あるデンソー期間工のブログ

期間工、投資、セミリタイア、観光、グルメ

恐怖の毒々生物の襲来に震えて眠れ‼ 毒毒毒毒毒毒毒毒毒展 痛へ行ってきました! 

【スポンサーリンク】

毒毒毒毒毒毒毒毒毒展 痛

2015年に全名古屋を震撼させたあのイベント「毒毒毒毒毒毒毒毒毒展」(もうどく展)が装いも新たに「毒毒毒毒毒毒毒毒毒展 痛」(もうどく展2)として2年ぶりに帰ってきた‼

 

今回は展示物をすべて一新。「防御するための毒を持つ生物」「毒を利活用する生物」「死亡例のある生物」の3つのエリアで、さらにパワーアップした毒々しい生物が私たちを出迎えます。また、毒々グッズも必見。


恐怖の毒々生物の襲来に震えて眠れ‼


場所 パルコギャラリー(名古屋PARCO西館8F)
期間 2017/12/9~2018/1/21

名古屋PARCOへのアクセス

地下鉄名城線矢場町駅より名古屋PARCO東館地下1階へ直結。

名古屋PARCO

西・東・南・PARCO midiの4館からなり、さまざまなトレンドや文化を発信する店舗が約350店集まっています。

防御するための毒をもつ生物

このエリアはブルーのライティング。

これは非常に楽しみ。

チョウセンスズガエル

背は緑色、腹は赤色と黒色のまだら模様で、外敵に襲われると身を守る行動として派手な腹の模様を見せて威嚇する。

ギギ

水のきれいな河川にすむナマズの仲間。鰭の棘と骨を擦り合わせ「ギーギー」と音を出すことが名前の由来とされる。

ポルカドット・スティングレイ

白い斑点が特徴的な淡水に生息するエイ。尾には尾棘(びきょく)と呼ばれる毒針を持っている。 


この生物はもうどく展2のイメージキャラクターだったのですが、ひらひら漂うように泳ぐ姿に「かわいい♡」という声が多数聞かれました。実際にとてもかわいくて飼育したいくらいです。

ファイアサラマンダー

全身黄色と黒色の模様をしたイモリの仲間。毒を持つ生物に特有の警戒色と言われる派手な色をしている。

タンザニアオオヤスデ

ヤスデ界では世界最大。温厚な性格だが刺激を加えると危険を感じ取り、強烈なにおいを放つ毒液を噴出させる。

ペルビアンジャイアントオオムカデ

最大で40cmを超える世界最大のムカデ。獰猛な性格で昆虫類や小型のヘビまで食べてしまう。攻撃性も高く強い顎で咬みつき、毒を注入する。

不気味な形態をした毒キノコ。

次のエリアに入ります。

毒を利活用する生物

このエリアはグリーンのライティング。

モンガラカワハギ

鮮やかな模様と体色が人気の魚。シガテラ毒を体内に持っている可能性がある。

オニオコゼ

ヒレの棘に猛毒を持つ魚で厚手のゴムなども貫通するほどその棘は硬い。

ネコザメ

全長約1mになり、岩礁域に生息する。尾びれの前縁に毒棘がある。

ハタゴイソギンチャク

クマノミの仲間と共生するイソギンチャクの一種。触手は1cmと短いが、刺胞に強い毒を持つ。

コバルトブルータランチュラ

地面に穴を掘り、糸で固めたトンネル状の巣を作る。獲物を捕まえると巨大な鋏角を突き刺し毒を注入する。

ミツユビハコガメ

陸生のカメの中で唯一毒を持つ種類である。自ら毒を作り出すのではなく、毒キノコを食べることで体内に毒を蓄積する。

左 アセビ
右 ジキタリス

いわゆる毒草であり、間違って食べてしまうと重大事故となる。

不気味な標本…

いよいよ最後のエリアへ。

死亡例のある生物

危険 立入禁止

最後のエリアはレッドのライティング。

警告

マゴイ

マゴイの胆嚢は漢方薬「鯉胆」として利用され、滋養強壮や眼精疲労に効果があるとされている。一方で強力な毒としても作用し、人が食べると死亡するケースもある。

オニダルマオコゼ

サンゴ礁の浅い海に生息し、岩に擬態している。間違って踏んでしまうと非常に危険で、毒棘に刺さると激痛が走りショック死することもある。 

アカエイ

尾に尾棘と呼ばれる毒針を持つ。敵に対して長い尾を振り回して攻撃する。海水浴や潮干狩りで刺されてしまう事故が後を絶たない。

ウモレオウギガニ

フグ毒として有名なテトロドトキシン、麻痺性貝毒であるサキシトキシンという2つの毒を体内に持つ。このカニ1gで3~5人の致死量に匹敵するほどの猛毒で「世界最強レベルの猛毒ガニ」と言われている。

ツムギハゼ

ハゼの仲間では珍しく体内にフグ毒を有し、生息するすべての地域で有毒な個体が認められている。

アオブダイ

エサとして食べるスナギンチャクの毒が内蔵に蓄えられており、人が食べると死亡するケースもある。

3つのエリアをすべて通りました。終了です。

毒々グッズ

毒々しい見た目のオリジナルポップコーン。

会場限定グッズがたくさん。

期間工の通勤用バッグはこれにしようかなw

感想

様々な毒を持つ生き物を紹介し、2015年の開催時には会期中におよそ5万人もの来場者が訪れた「もうどく展」から2年、今回の「もうどく展2」は様々にパワーアップして帰ってきました。


展示された各種の毒々生物もそうですが、今回は各エリアからグッズまでもうどく展の世界観を作りこんだかのような空間が印象的でした。生物・エリア・グッズ・イベントと1つの世界が確立しましたね。


このもうどく展2はサンシャイン水族館のプロデュースです。前回より今回、そして次回と早くも次の「もうどく展3」が楽しみです。さあ次はどんな世界が待っているのでしょうか。



関連記事です。

イケメンゴリラで一躍有名となった東山動物園です。 

www.d-kikankou.site

 

両生類・爬虫類の展示即売会、ナゴレプ2017です。 

www.d-kikankou.site

 

生物ではなく鉱物・化石ですが一応これも。 

www.d-kikankou.site