あるデンソー期間工のブログ

期間工、投資、セミリタイア、観光、グルメ

デンソー期間工2018年1月度の給料明細です。 十分な有休を残しておく!

【スポンサーリンク】

2018年1月度の給料明細

f:id:th639449:20180120221832j:plain

デンソー期間工2018年1月度(12月稼働分)の給料明細です。

出勤  20日

有休   1日

残業  17H

 

支給金明細

基準賃金   233100円(1日11100円)

時間外手当   31300円

深夜手当        0円

交替手当        0円

改善提案     1500円

支給金合計  265900円

 
控除金明細

雇用保険料     800円

健康保険料    8300円

厚生年金保険料 23800円

所得税      5900円

寮光熱費     7000円

食事代     21500円

控除金合計   67300円

 
差引支給額  198600円

勤務状況を見てみる 

出勤は20日で全部昼勤(8:40~17:15)、有休が1日、残業が約17時間でした。


12月は月の中頃まで残業が全くなかったのですが、中頃に社員を1人他部署に応援に出し、少ない人数で組を回しようやく残業をするようになりました。残業が無かったらと考えると少し恐ろしいですね。


とりあえず今年の3月いっぱいまではこの体制で行くらしく、ある程度の残業は期待できます。もっとも4月以降はどのようになるのか想像もできませんが。


今年の6月より、去年の所得にかかる住民税の給料天引きが始まります。控除金明細の項目が1つ増える訳で、毎月の手取りがさらに減ることになります。逃れることはできないし仕方がないですね。今から覚悟しときます。

欠勤により慰労金・満了報奨金が削られる

いま私のいるフロアではインフルエンザが流行していて、突発で休む者や長期間休む者が一定数見受けられます。


彼らが有休を残していて有休消化ができれば良いのですが、中には有休が残っていなくそのまま欠勤扱いで休んでいる者もいるようです。


期間工の場合は1日欠勤をすると、慰労金・満了報奨金が1日分削られてしまいます。数日休むだけでかなりの損失になってしまいます。


私が今この位の手取り額でも納得して働いているのは、デンソー期間工の慰労金・満了報奨金の水準が高く、年収として考えると十分に満足できるからです。


ただ、慰労金・満了報奨金が削られるというのは想定外のことで絶対にあってはいけません。

対策として

十分な有休を残しておくことです。


もちろん、体調管理を万全にするとかマスクを付けるといったことは基本にはなりますが、人間なら誰しも突発的な病気にかかり得ます。その時に自分を守ってくれるのが有休であったりします。


有休を取得したらすぐに使ってしまうのではなく、冬場や夏場に体調を崩す可能性があることを想定して有休を残しておく、その上で体調管理に全力を尽くすことが大切になります。


私も11月に10日の有休が付与されました。12月に1日使ってしまいましたが、残り9日を有効に使っていきたいと思います。



関連記事です。

 デンソー期間工2017年12月度の給料明細です。 

www.d-kikankou.site

 

デンソー期間工の給料明細についてまとめました。 

www.d-kikankou.site

 

デンソー期間工の満了金明細についてまとめました。 

www.d-kikankou.site

 

デンソー期間工の年収についてまとめました。 

www.d-kikankou.site