あるデンソー期間工のブログ

期間工、投資、セミリタイア、観光、グルメ

日本最大級のバレンタインの祭典‼ 2018 アムール・デュ・ショコラへ行ってきました!

【スポンサーリンク】

2018 アムール・デュ・ショコラ

ジェイアール名古屋高島屋にて毎年開催されているバレンタインイベントで今年で18回目となります。全国の百貨店で開催されているバレンタイン催事の中でも、売上・規模ともに日本一を誇るイベントです。


今年もここだけの会場限定のショコラをはじめ、初登場のブランドや有名ショコラティエが会場に集結。約150ブランド、2000種類以上ものチョコレートがバレンタインの季節に登場します。まさに日本最大級のチョコレートの祭典です。


会場 JR名古屋高島屋 10F 催会場、9F サテライト会場
期間 2018年1月19日(金) ~ 2月14日(水)

会場へのアクセス

JR名古屋駅より徒歩1分。
JRセントラルタワーズ9F、10F。
 

JRセントラルタワーズ

JR名古屋駅に直結した名古屋のシンボル的存在。
JR名古屋高島屋タワーズプラザレストラン街が入る。
ツインタワーの左側がマリオット・アソシアホテル。右側がオフィス棟。

ショコラパーティー

今年も「ショコラパーティー」をテーマにイベントが開催されました。

アムール・デュ・ショコラをイメージした華やかなドレスです。

愛する気持ちやときめく心がぐんと高まるのがバレンタインシーズンです。森の中のショコラパーティーを楽しむように、華やかなテーブルウェアで女子会を楽しみます。

それでは今年購入したショコラ3選です。

ミッシェル・ブラン

「フランスの至宝」と称えられ、数え切れない受賞歴と実績を誇る世界的なショコラティエ、ミッシェル・ブランのショコラです。

ブランは自らがイメージした情景や感情をショコラで表現します。そのショコラは素材の味をアピールするだけでなく、ショコラ全体のバランスとニュアンスを大切にしています。

パレット(8個入り) 3240円

ホワイト いちじくのショコラ
イエロー パンプルムースのショコラ
グリーン ひまわりの種とアーモンドのショコラ
ピンク  グリオットのショコラ

グリオットチェリー、いちじく、ひまわり、パンプルムースの4つの素材をセレクト。自然の持つ色合いを大切に、それぞれのフレーバーをいかして遊び心のあるショコラに仕立てました。

f:id:th639449:20180210224938j:plain

フランスの至宝とのツーショットが実現!

私も食には強いこだわりを持っていますが、これからはショコラ、スイーツも究めなければならないと改めて決意しました。

クリスティーヌ・フェルベール

クリスティーヌ・フェルベールはフランスでは数少ない女性菓子職人、パティシエールの先駆者的存在。ショコラ界に優しく君臨するアルザスの女王であり、 コンフィチュールの名手としても知られています。

アルザスクラシックボックス春(6個入り) 3456円

左上から時計回りに

コンフィ・ブランボワーズ
プララン・シトロン
バニーユ
マンジャリ
コンフィ・パッション
プララン・ジャンジョンブル

パッションフルーツとフランボワーズのそれぞれの果実本来の食感や香りを、コンフィチュールのように味わえるボンボンショコラ。フレッシュなシトロンとジンジャーの香りが楽しいプラリネと詰め合わせました。

ヴァンサン・ゲルレ

フランスのロワール地方ナントの街にメゾンを開くヴァンサン・ゲルレは「ルレ・デセール」のメンバーであり、「C・C・C」の金賞を4年連続で獲得した栄誉を持つトップショコラティエです。

ショコラアソート5オリジナル(5個入り) 2916円

左上 ピカデリー ダーク 
左下 クリスタル ミルク
右上 マダムデュバリー
右下 キト ダーク
真中 プティブール ミルク

アールグレイ風味のピカデリー、ナッツに塩がアクセントのクリスタルミルク、ライムと生姜のマダムデュバリー、エクアドル産カカオがベースのキトに、人気のプティブールを詰め合わせました。

感想

日本最大級のバレンタインの祭典です。写真は撮ってませんが当日の混雑は想像以上で、まさに足の踏み場もないくらいでした。そしてこれくらいの値段のショコラが飛ぶように売れていました。


バレンタインはもらう方ではなく、あげる方が主役です。愛する本命を持つ女性にとってバレンタインは特別なイベント。ここで高級ショコラを購入して彼氏に渡したいところですね。


男性にとってもこのようなイベントに女性を誘いたいところです。さりげなく女性を誘ってショコラ、スイーツの知識を披露すれば高感度アップは間違いなしです。ぜひ検討してください。


ちなみに今回私は女性の友達とここを訪れたのですが、3つのショコラをなぜか私が購入し、しかも数個しか食べられずに残りは全部相手が食べてしまうという、おおよそバレンタインとは真逆の結果になってしまいましたw


私は東海地方のバレンタインイベントに複数参加しましたが、やはりこのアムール・デュ・ショコラが一番のイベントです。女性・男性とも行かないという選択はありません。だってせっかくこの東海地方にいるのですから。