あるデンソー期間工のブログ

期間工、投資、セミリタイア、観光、グルメ

2018年3月の金融資産です! 現金余力を大きく持つ!

【スポンサーリンク】

金融資産を公開

f:id:th639449:20180225220313j:plain

金融資産とポートフォリオを公開します。目的は自分自身へ当時の相場状況や金融資産、その時どのように考えていたかを記録することです。

外国株式

f:id:th639449:20180301230730p:plain

f:id:th639449:20180301230831p:plain

目的は米国ドル資産を保有することによる資産分散と、配当成長・配当再投資・追加投資による資産の最大化、受取配当金の最大化です。


株価下落と円高により評価額が大きく落ちています。体感として株価下落より円高の方が影響が大きいように思います。ただ、私ができることは淡々と配当金を再投資していくことだけです。

日本株

f:id:th639449:20180301230847p:plain

f:id:th639449:20180301230859p:plain

目的は約750万を集中投資に回してキャピタルゲインを得ることと、残り約750万で高配当株・優待株を保有し配当金・株主優待を得ることです。


株式市場の調整が起こりましたが、優待株はビクともしませんでした。なんとも頼もしいことに、優待の廃止・改悪以外はほとんど影響がないようです。集中投資の中小型株は大きく値を下げましたが、やや戻してきたところです。

銀行預金

メガバンクA 2,208,421
メガバンクB 5,000,000ちょっと

 

メガバンクAはいわゆるメインバンクとして給与振込、口座引落、クレジットカード引落、生活費を扱います。


メガバンクBは証券口座への入金・出金専用の口座です。投資用待機資金として常に500万置いておきます。投入の目安として日経平均1万以下、1ドル80円以上の円高を考えていますが、それは望んでいることではありません。


ネット収入の振込先をメガバンクBとします。収入が正確に補足されてしまうため、このような表現を用います。


メガバンクAの預金残高がまだまだ足りません。500万は欲しいところです。もう少し期間工として働いて労働と貯蓄をしていく必要があります。

現金余力を大きく持つ

久しぶりに日米株式市場で調整が起こりました。このくらいの調整はよくあることですが本当に久しぶりだったため、マスコミの報道も自分自身もやや戸惑っていた、といった感じでした。


このくらいの調整は暴落ではありませんが、この先に本当の暴落が起こらないとは限りません。今のうちからしっかりとした備えを取らなければなりません。


それは現金余力を大きく持つことです。銀行預金に十分な現金を持つ、証券口座の買い付け余力を十分に持つことで、株価下落による総資産の減少率を抑えることができます。それは精神の安定にもつながります。


収入を複線化することも大切です。往々にして大暴落というのは絶好の買い場となるので、十分な現金と十分な収入でビビりながら株の買い増しをしていきます。複線化された収入があれば心強いですね。


暴落してから慌てるのではなく、好景気で株価が好調な今のうちに有事への備えをしなければなりません。私で言うとリタイアした後ではなく、期間工で働いているうちに有事への備えを完了しなければなりません。