あるデンソー期間工のブログ

期間工、投資、セミリタイア、観光、グルメ

デンソー期間工の日記! 女性は期間工をするべきか?

【スポンサーリンク】

今週の振り返り

f:id:th639449:20180301232536p:plain

今週もお疲れさまでした。


今週は水曜日に棚卸がありました。棚卸を避けるため交替勤務の場合は、棚卸の週に夜勤を望む者が多いのですが、常昼勤務だと棚卸は避けられません。前回の8月末に続いて今回の2月末も棚卸をやることになってしまいました。


製品・部品の数を数える、ダブルチェックをする、棚卸現品票を品番順に揃える、とやることはいつも決まっています。私も棚卸を何度も経験しているため、かなり早くそして正確にこの作業をできるようになりました。


さて、前々回と前回でデンソーには女性が多いこと、女性従業員の作業の凄さを書いてきました。デンソーに女性が多いのには理由があるのですね。そして今回は女性は期間工をするべきかについて書いてみます。

女性は期間工をするべきか?

この答えは男性と女性で一緒になりますが、自分に工場勤務の適性があるのならするべきです。ないのならやめておくべきです。


私は6年半デンソー期間工をして様々な女性期間工を見てきました。「自分でも予想外だ」といって3年フル満了を何回も繰り返す者もいるし、最初は全然頼りなかったのですが最後は正社員になった者もいます。


逆に最初の方は結構自信があったのに交替勤務がキツイ、仕事についていけない、もうイヤだと途中で辞めてしまった者も数多くいます。見るからに工場勤務に向いていない人もたくさん見てきました。


まずは冷静に自己分析をしてみます。ある程度手先が器用で体力がある、どちらかというと黙々と働くのが好き、とにかくお金が欲しいという人は期間工にチャレンジするべきです。

期間工を利用する

デンソー期間工の作業は決して楽ではありませんが、働いた分のお金は必ず貰えます。女性が非正規雇用で年収500万というのは、かなり高い水準で魅力的ではないでしょうか?


デンソー期間工で働いてたくさんのお金を稼ぎます。それを消費に使って人生を楽しんでもいいし、自分の夢のために取っておいてもいい。とにかく期間工は初めの一歩になりえます。


期間工で働いて、社員の男性と結婚して家庭に入る人もいます。今では専業主婦は贅沢ともなるのが難しいともいわれます。デンソー社員と結婚するのなら、専業主婦として家を買って、子供を2人育ててと普通の生活が可能となります。


このように考えると期間工の仕事も十分に魅力的と言えるでしょう。

結局は自分次第

自分の人生をどうしていくか? それは結局は自分次第となります。


自己分析をしてみて、自分が明るく社交的ならば接客業・サービス業・営業でもやればいいし、自分の容姿端麗に自信があれば水商売でもいいでしょう。器用で体力があり黙々作業を望むなら期間工もありです。


これらの仕事のタイプに上下というのはありません。横の違いがあるだけです。重要なのは自分に合った仕事を選択することです。仕事のミスマッチというのは現代社会で最も不幸なことの1つです。ぜひ自分に最適な仕事を選びたいです。


もし期間工を選ぶのなら自信を持って来てください。しっかりと働いてしっかりと稼ぐ。何も恥じることはありません。誇りを持って期間工生活を送ってください。


そして、ただ働いてお金を稼ぐだけではもったいないです。仲の良い友達をたくさん作り、いろんなところへ出かける、いろんなものを食べるなど素敵な思い出をたくさん作ってくださいね。