あるデンソー期間工のブログ

期間工、投資、セミリタイア、観光、グルメ

大人気の滑走路見学ツアーを体験! 中部国際空港 セントレアへ行ってきました!

【スポンサーリンク】

中部国際空港 セントレア

セントレアは、愛知県名古屋市の中心部から南へ約35km、知多半島の愛知県常滑市の沖合約1.5kmの伊勢湾海上の人工島に位置し、24時間運用可能な長さ3,500mの滑走路を有する海上国際空港として2005年2月17日に開港しました。


このセントレアという愛称は、英語で「中部地方」を意味する"central"と「空港」を意味する"airport"を組み合わせた造語で、一般公募の中から選ばれました。

中部国際空港 セントレアへのアクセス

名鉄常滑線空港線中部国際空港駅」より直結。

セントレアまるわかりツアー

www.centrair.jp


セントレアまるわかりツアーには「ターミナルコース」と 「滑走路見学コース」の2つがありますが、今回参加したのは滑走路見学コースです。


日時を予約して、代金(3480円)を支払いその日を迎えます。その日までおのずと航空機について勉強してしまいました。


セントレア1F集合場所に集合、ツアー全体の説明・本人確認・手荷物検査・ボディーチェックを経て(約20分)、バスに乗り「立ち入り制限エリア」見学(約1時間)、その後解散という流れでした。

滑走路見学コース

貨物地区

ナゴヤドーム2.5個分の広さを持つ貨物地区。

エアホンコンの貨物便で現在作業中です。

降車ポイント

外へ出て航空機の様子を見学できます。「バスを降りたい」というゲストからのリクエストに答えました。

セントレアは人工島の上にあるのですが、この島が思いのほか大きいです。降車ポイントから全体を見て強く感じました。

セントレアは3,500mの滑走路が1本だけ。
白い3つの点はその中心を表しています。

ANAの訓練機で、他の航空機の離陸・着陸の合間を縫って、タッチアンドゴーをしていました。

とにかくエンジン音の迫力が凄かったです。

進入灯、その奥は三重県になります。

ちょうど航空機が通りました。

この後、バスで島を1週するように周り滑走路見学コースは終了となりました。

スカイデッキ

管制塔

円形の管制塔でターミナルビルの北東に位置します。滑走路端まで見渡せる高さということから計算され、高さ86.75m(鉄骨コンクリート造5階建)となりました。

ボーイング 747 LCF ドリームリフター 

ボーイング787のパーツの約35%は日本企業によって製造されています。名古屋近郊にある三菱重工業川崎重工業SUBARUで製造されたパーツはセントレアまで海上輸送され、ドリームリフターに積み替えられて航空輸送されます。

感想

このセントレアはただ航空機に乗り下りするだけではなく、各レストラン、ショップ、免税店が揃っていて、各種のイベントも積極的に行われており、食べる・買う・遊ぶと1日中楽しむことができます。


今回はセントレアまるわかりツアーの「滑走路見学コース」に参加しました。普段関係者しか立ち入ることのできないエリアに特別に入って、航空機を間近で見学しました。特別な経験をしましたね。


今年の夏、セントレアにFLIGHT OF DREAMS(フライト・オブ・ドリームズ)がオープンします。ボーイング787初号機の展示をメインとし、ボーイング創業の街「シアトル」をコンセプトとした商業エリアを展開する予定です。


私もまだまだ何回もここを訪れることになりそうです。