あるデンソー期間工のブログ

期間工、投資、セミリタイア、観光、グルメ

なごやめし 名古屋コーチンを食す! とり要へ行ってきました!

【スポンサーリンク】

とり要

昭和11年(1936)創業のとり要。名古屋の丸の内3丁目、昔は京町通りと呼ばれた街角に、古い佇まいと共に名古屋名物「名古屋コーチン」にこだわりを持った料理屋を続けています。

とり要へのアクセス

地下鉄名城線久屋大通駅」①出口より徒歩5分。

店内の雰囲気

松の間

戦後直ぐに建て替えられた建物は、そこかしこに昭和初期の面影を残します。都心にあるとは思えない静けさで、いたるところに老舗の風格を感じられます。

名古屋コーチンくわ焼き定食

名古屋コーチンくわ焼き定食。(1980円)
突き出し、一品、御飯、お吸物付き。

名古屋コーチン味噌鍋、大振り手羽先のスープなどの名古屋コーチンにこだわった料理があるのですが、名古屋コーチンのくわ焼きをいただきました。

突き出し

突き出しの鶏そぼろ。
お漬物。

一品

ささみ。

名古屋コーチンくわ焼き

皮はパリッと香ばしく、肉には弾力があり名古屋コーチン肉の美味しさがダイレクトに味わえる一品です。

御飯とお吸物

御飯の炊き方、お吸物の味と共に良しです。

感想

名古屋の丸の内3丁目に佇む老舗の料亭、とり要へ行ってきました。外観といい店内といい、大変年季を感じさせる建物です。ゆったりとした時間を過ごすことができます。


ここは場所柄のせいか、会社の接待によく使われているようです。私も何回もサラリーマン、OL風の方たちを見ています。個人としていくのはやや敷居が高いかもしれませんね。


ここは名古屋コーチンの名店で、特に名古屋コーチン味噌鍋、大振り手羽先のスープ、名古屋コーチンくわ焼きが有名です。それぞれ特徴、違いがあって同じ名古屋コーチンでも別料理のように楽しむことができます。


何回もお店を訪れて、それぞれの料理をいただきたいですね。ちなみに言うまでもありませんが、私はすべてを制覇しています。