あるデンソー期間工のブログ

期間工、投資、セミリタイア、観光、グルメ

意味もなく生きるのはもうやめる! 人生に目標を持つ!

【スポンサーリンク】

人生に目標を持つ

f:id:th639449:20180408221404j:plain

4月になり新年度となりました。新入社員や新入生が胸を膨らませる季節です。私たち期間工も1つの区切りとして気持ちを新たにして、今年度も乗り切っていきたいですね。


人生において目標を持つというのはとても大切なことです。何の目標もなくただ毎日を過ごすのと、明確な目標を持って毎日を過ごすのでは、数年数十年の期間で考えるととても大きな差となってきます。


「あのときもっと努力していれば!」「あのときなぜこうしなかったのだ!」など、後悔というのは誰でもするものだとは思いますが、自分自身を例にして目標の大切さについて書いてみます。

私の20代

私は1980年6月の生まれで、地元の大学を卒業し地元の中小企業に正社員として就職しました。今振り返るとごく「普通」の人生です。


ただ、私には学生時代も正社員時代も明確な目標というものがなく、ただ無為に毎日を過ごしているだけだったという印象です。


大学のランクもEランク。正社員といっても中小企業で、当時の40~50代の社員の様子を見れば、自分がどのような人生を送ることになるのかよく分かりました。


将来のことを考えて株などもやっていたのですが、全然の鳴かず飛ばず。それでも何の危機感もない、明確な目標もない、こんな程度の人間でした。


2010年の3月で会社を退職し無職となり、6月で30歳になりました。所持金は銀行に約50万、証券口座に評価額で50万といった具合です。行く当てもなく結局はデンソー期間工を選ぶことになります。

私の30代

デンソー期間工として働く毎日。とくに目標もなく日々を過ごしていました。将来への不安や焦りもあったでしょうか、やや悲しさを漂わせている期間工だったと思います。


2011年の秋から株式投資を再開しました。もう失うものもない自分は全力勝負。いわゆるアベノミクスという僥倖に出会って、ある程度の資産を築くことができました。


私が明確な目標を持つようになったのは2015年からです。ハッキリとセミリタイアを目標とし、全国を回り歩く日々を過ごしたいと考えるようになりました。


それからのことですが、日々の生活や考え方に張り合いが出てきました。特に今回の赴任では明確な目標を定めてそれに向かって一直線、と大変充実した日々を送れています。

目標を持て!

今振り返って思うことは、もっと早くから目標を持っていれば人生が全然違っていただろうということです。私が目標を持ったのは35歳の時です。無為に過ごす期間が長すぎでした。


期間工というのは適度に居心地がよく、だらだらと何年でも続けてしまうことがよくあります。ただ何もなく過ごしたところで、キャリアには何のプラスにもならず、待っているのは悲惨な老後だったりします。


やはり「期間工は明確な目標を持て!」と言いたい。正社員を目指すもよし、投資で億を目指すもよし、フリーランスを目指すもよし、もちろんセミリタイアを目指すのもよしです。


明確な目標を持って、その実現のために毎日を過ごす。これは自分が経験しているから断言できますが、日々の生活の実感から考え方、気持ちの張り合いや行動の仕方まですべてのことが変わってくると思います。