あるデンソー期間工のブログ

期間工、投資、セミリタイア、観光、グルメ

2018年5月の金融資産です! 投資の理想と現実!

【スポンサーリンク】

金融資産を公開

f:id:th639449:20180503215705j:plain

金融資産とポートフォリオを公開します。目的は自分自身へ当時の相場状況や金融資産、その時どのように考えていたかを記録することです。

外国株式

f:id:th639449:20180503215835p:plain

f:id:th639449:20180503215847p:plain

目的は米国ドル資産を保有することによる資産分散と、配当成長・配当再投資・追加投資による資産の最大化、受取配当金の最大化です。


株安と円高で資産損益が大きく悪化しています。約1万ドル、約112万円の評価損となりました。ディフェンシブとされる銘柄でポートフォリオを組んだのですが、低迷中とこの先の見通しも明るいとは言えません。

日本株

f:id:th639449:20180503220109p:plain

f:id:th639449:20180503220137p:plain

目的は約750万を集中投資に回してキャピタルゲインを得ることと、残り約750万で高配当株・優待株を保有し配当金・株主優待を得ることです。


株主優待銘柄は本当に強いです。株主優待の改悪・廃止でもない限り、相場の影響を受けずずっと強いままのようです。中小型株の集中投資については無理をせず「慎重に慎重に」やっていきます。

銀行預金

メガバンクA 2,503,378
メガバンクB 5,000,000ちょっと


メガバンクAはいわゆるメインバンクとして給与振込、口座引落、クレジットカード引落、生活費を扱います。


メガバンクBは証券口座への入金・出金専用の口座です。投資用待機資金として常に500万置いておきます。投入の目安として日経平均1万以下、1ドル80円以上の円高を考えていますが、それは望んでいることではありません。


ネット収入の振込先をメガバンクBとします。収入が正確に補足されてしまうため、このような表現を用います。


毎月メガバンクBより500万を残してネット収入を出金、それによりメガバンクAからの出金を抑え、メガバンクAの預金を加速させます。

投資の理想と現実

私は2016年に集中投資から分散投資へ移行しました。金融資産を外国株、国内株、銀行預金の3つに分けて運用していくことに決めたのです。


そして外国株式について、高配当・大型・ディフェンシブとされる銘柄を精選して6銘柄を購入したのですがご覧の通りです。株安と円高により含み損となっています。


実は米国株には結構自信があって、資産が右肩上がりで増えていくだろうと思っていたのですが、全体的に低迷しています。同時期に適当に選んで購入した国内株の優待銘柄が鉄壁の守りをしているのは皮肉な結果です。


今後、外国株については配当金の再投資、年末に受取配当金の範囲内で損出税金還付のクロス取引、国内株については株主優待をもらい続けながら慎重に集中投資をやっていく予定です。


これからも毎月金融資産の公開をしていきますので、この先どうなっていくのか乞うご期待ください。