あるデンソー期間工のブログ

期間工、投資、セミリタイア、観光、グルメ

2018年7月の金融資産です! 集中投資の限界!

【スポンサーリンク】

金融資産を公開

f:id:th639449:20180704221912j:plain

金融資産とポートフォリオを公開します。目的は自分自身へ当時の相場状況や金融資産、その時どのように考えていたかを記録することです。

外国株式

f:id:th639449:20180705214327p:plain

f:id:th639449:20180705214339p:plain

目的は米国ドル資産を保有することによる資産分散と、配当成長・配当再投資・追加投資による資産の最大化、受取配当金の最大化です。


上にも下にも評価額の変動が大きいです。慌てず焦らずゆっくりこつこつと配当金を再投資します。

国内株式

f:id:th639449:20180705214406p:plain

f:id:th639449:20180705214419p:plain

先月末に中小型株を整理しました。現在のポジションはすべて優待株です。


しばらく中小型株の集中投資はしません。株主優待をもらい続けながら、おとなしく配当金を再投資します。

銀行預金

メガバンクA 3,145,068
メガバンクB 5,000,000ちょっと


メガバンクAはいわゆるメインバンクとして給与振込、口座引落、クレジットカード引落、生活費を扱います。


メガバンクBは証券口座への入金・出金専用の口座です。投資用待機資金として常に500万置いておきます。投入の目安として日経平均1万以下、1ドル80円以上の円高を考えていますが、それは望んでいることではありません。


ネット収入の振込先をメガバンクBとします。収入が正確に補足されてしまうため、このような表現を用います。


毎月メガバンクBより500万を残してネット収入を出金、それによりメガバンクAからの出金を抑え、メガバンクAの預金を加速させます。

集中投資の限界

私は2012~15年に国内株の中小型株の集中投資で、金融資産を500万から3000万まで増やせたのですが、2015年の夏ころには集中投資の限界を感じていました。


そして2016年から金融資産を外国株、国内株、銀行預金の3つに分けます。そこでも懲りずにロットを落として約750万位で中小型株の集中投資をしていたのですが、どうやらこれも限界となりそうです。


私の経験からでも現在の相場やこれから数年間の相場で、集中投資で大きく利益を上げられるとは考えられません。ドタバタと悲劇喜劇を演じた挙句、最後は大きくやられる姿がハッキリと目に浮かびます。


よってしばらくは外国株式は配当金の再投資、国内株式は株主優待をもらいながらの配当金再投資となります。軽率な集中投資はしませんし、無理に大きなポジションはとりません。


相場の正確な見通しはできませんが、この先の推移は予断を許しません。メガバンクBに十分な現金を保有し、証券口座にも十分な買い付け余力を残して、これから先も生き残っていきたいです。