あるデンソー期間工のブログ

期間工、投資、セミリタイア、観光、グルメ

高齢者の期間工について!

【スポンサーリンク】

2018年7月第1週

f:id:th639449:20180706231105p:plain

今週は雨雨雨、七夕も雨。デンソーでは最近悪質な交通事故が続いていたのですが、今週の毎日の朝礼及び金曜日の夕礼で「雨天の運転に注意しろ!」と、何回も繰り返していました。雨はあまり関係ないと思うのですが。

 

大雨による被害が全国で発生しているようです。私は最近、リタイア後に住む物件を軽く探し始めているのですが、地震だけでなく水害やその他の災害、治安などにも注意して探さないといけないのかもしれません。


私は期間工満了後は東京へ行きますが、やはり地震や集中豪雨による水害があり群衆がパニックになったらどうなるのかと不安になります。先月の地震、今週の大雨と考えさせられることが多かったです。


さて、今週私がいるフロアで58歳の期間工の方が満了を迎えました。通算赴任回数20回以上、通算勤続年数20年以上の長老です。今回は高齢者の期間工について書いてみます。

40歳以上の期間工

デンソーでは最近の人出不足のせいか、40代で製造業未経験の期間工が赴任しているのをよく見かけます。標準作業、交替勤務、寮生活と初めは大変かと思いますが、そのうちなれれば普通にこなしてゆけるのではと考えます。


40~50代の期間工経験者は数多くいます。いわゆるリピーターといって3年フル満了を繰り返す者が多く、通算10年以上働いている者も多くいます。期間工特有のぬるま湯にはまってしまったのでしょうか?


これからも製造業の人出不足は続くので、40代以降の者にも期間工の門戸は広く開かれるはずです。デンソー期間工に興味がある方は、夏を過ぎた秋くらいに赴任するのがちょうどいいかと思います。

何歳まで働けるか?

基本的に健康診断を通過し現場の作業に問題がなければ60歳近くまで働けます。もう少し具体的に言うと、56歳での赴任者は見たことがありますが、57~59歳の赴任者は見たことがありません。(希望者はいたがみな入社できず)


よって50代中頃が期間工の最後の赴任となります。期間工として長く働こうと考える方はこの位を目安にすればいいです。


ただ、50代になると体力・気力が衰えて日々の勤務が厳しくなってきます。交替勤務に苦労する者、作業についていけなくなった者を何人も知っています。


期間工として働こうとしたが健康診断で落とされた、病気・ケガで働けなくなった、期間工で働く気力もなくなったという人が案外多く、必ずしも誰もが50歳以上でも安心して期間工で働けると考えてはいけません。


50歳以上で期間工になるようなことがないように、今から人生設計をしっかりやっていきたいですね。まあ、人生はとても難しくうまくいかないことばかりですが。