あるデンソー期間工のブログ

期間工、投資、セミリタイア、観光、グルメ

海の仲間に会いに行こう! 名古屋港水族館へ行ってきました!

【スポンサーリンク】

名古屋港水族館

f:id:th639449:20180526221749j:plain

名古屋港水族館は名古屋港ガーデンふ頭にある公立の水族館。北館にはシャチなど海棲哺乳類やスタジアムでのイルカパフォーマンス。南館では赤道の海や日本の海など5つの海域を提示します。

 
水族館の3大スターはシャチ、ベルーガ、イルカ。その他にもペンギンやマイワシの大群など、個性豊かな海の仲間との出会いが待っています。

名古屋港水族館へのアクセス

地下鉄名港線名古屋港駅」より徒歩7分。

北館

エントランス

名港水族館は北館から入り、北館を回って連絡通路から南館へ行き、南館を見るというのが標準ルートになります。

日本の海

海洋生態系の頂点に君臨するシャチ。そのシャチを水中から観察します。

オーロラの海

ベルーガが暮らすカナダのハドソン湾をイメージしたプール。水槽越しにベルーガの泳ぎを観察したり、美しい声を聞いたりすることができます。

シャチの骨格 

学術的な解説がなされていて真剣に学ぶことができます。

キタトックリクジラの骨格

上に同じ。

水中観覧席

この水槽は鯨類飼育水槽として世界有数の規模を誇ります。

スタジアム

3000人収容のスタンドからメインプールのパフォーマンスを見学。

メインプール

イルカパフォーマンスが行われています。写真は人間とイルカが一緒にお辞儀をしているところ。イルカパフォーマンスは必見。

南館

北館より連絡通路を通り南館へ。

日本の海

黒潮大水槽におけるマイワシのトルネードです。とにかく見る者を圧倒します。

オオカミウオ

深海ギャラリー

最近になってだいぶ深海生物の実態が解明されてきています。これからのさらなる解明に期待します。写真はグソクムシ

人類にとって海は昔からの永遠のテーマ。写真は古代の潜水具ですが、古代より様々な方法で潜水への挑戦を繰り返してきました。

赤道の海

サンゴ礁大水槽にて餌付け。

オーストラリアの水辺

オーストラリア現地で実際に生きている植物を使用して、亜熱帯の川辺を再現しているテラリウム水槽。

ついつい見とれてしまいますね。

www

ペンギン水槽

気温・水温・空気と限りなく南極を再現。エンペラー・ジェンツー・アデリー・ヒゲの4種類のペンギンがいます。


ペンギンの泳ぎを知っているでしょうか? 
水を切り裂くように高速で泳ぎます。

レストラン アリバダ

水族館を一通り回ったら南館にあるレストランで一休み。

シャークステーキ 和セット 1760円

水族館ならではの本物のサメの肉を使用。
味はあまりおいしくはないかな。

感想

名古屋港へ来るときは時間の配分が重要になります。即ち名古屋港水族館、名古屋港ポートビル、名古屋海洋博物館、南極観測船ふじ、シートレインランド、ジェティと見どころがたくさんあるので、時間配分をうまくしないといけません。


私はいつも水族館に一番重点をおいておよそ半日、その他はやや軽めに回る感じです。水族館を訪れるといつもいろんな発見があっていいですね。これで終わりというのがありません。何回来てもさらなる発見があります。


名古屋港水族館は愛知県内屈指の観光スポットです。四季それぞれに趣がありますが、やはり夏の季節が一番かと思います。みなさんもどうぞここを訪れて下さい。