あるデンソー期間工のブログ

期間工、投資、セミリタイア、観光、グルメ

これが私の投資遍歴です! 株式投資で人生の大逆転をねらいます!

【スポンサーリンク】

私の投資遍歴

f:id:th639449:20170722223829j:plain

私の投資遍歴について書いていきます。

 

証券口座の開設から現在に至るまで

・証券口座の開設とリーマンショック
・短期集中投資とアベノミクス
・長期分散投資とこれから

の3つに分けて書いていきます。

証券口座の開設とリーマンショック

2004~05年の株式市場の盛り上がりを見て、株式投資をしようと決意しました。2006年1月に当時のイートレード証券(現SBI証券)に口座を開設します。その口座開設中にライブドアショックが起きました。


証券口座に100万を入金し、ジャスダックマザーズヘラクレス(当時)といった新興市場に投資をするもほとんど一進一退でした。そして2007年8月にいわゆるサブプライムショックが発生し、2008年9月にあのリーマンショックが起こります。


新興市場は大崩れし株価が大暴落、当時の未熟だった私にはなすすべもなくただ損失が拡大するだけでした。証券口座の現金・証券評価額は50万以下と最初の半分以下です。もうほとんど戦意喪失状態で証券口座を見ることもしなくなりました。


2011年3月には東日本大震災が発生します。日本の株式市場にも大きな影響があったのですが、私はもうすでに証券口座へのログインもしていない放置プレイ状態だったため、何とも思いませんでした。


2011年11月に投資を再開するのですが、このように口座開設から約5年半以上全く成果が上がりませんでした。大変厳しい状況だったのですが、今から思うに知識と経験を蓄える良い機会だったと思っています。

短期集中投資とアベノミクス

2011年11月より投資を再開します。証券口座に期間工で貯めたお金を100万×4回入金しました。当時の株式市場は実態より安いと分かっていたので、新興株から中小型株に変えて積極的にリスクを取って投資しました。


アベノミクスが始まり、日経平均が2倍以上に上昇。個別銘柄を見ると数倍~十数倍の銘柄がゴロゴロしていました。私はある程度集中して銘柄を買っていたのですが、それらが程よく上がってくれました。


2012年12月~2015年10月で、450万が3000万です。この時期は金融資産1億を超える「億り人」が多数生まれるくらい相場が好調だったのですが、自分は3000万が限界でした。


その後は短期投資で利益を出しづらくなり、このまま続けても自分が大きく負ける姿しか想像できませんでした。長期分散投資へ移行します。

長期分散投資とこれから

資金を外国株式・日本株式・銀行預金の3つに分けました。安定して配当金・株主優待を貰い続け、小さいロットで日本株式の短期投資を行うという戦略で、資産の安定した維持・増加を狙います。


リスク管理が最重要になります。リーマンショック東日本大震災のような金融危機・災害が発生すると、金融資産は簡単に半減してしまいます。最悪の状況を想定して資産運用を行っていきます。


そのためには今までの知識・経験に加え、毎日謙虚に勉強して相場に向き合っていく必要があります。それを一生涯かけて行っていく。私はその覚悟はもうできています。

まとめると

まず始めるタイミングが重要です。実際にリーマンショックや大震災の前に投資を始め、多額の損失を出して辞めていった者は多くいます。逆に大震災の後に始め、比較的容易に資産を増やした者も多くいます。


私の場合はまず一回どん底に落ちました。そこで投資を辞めていれば人生もそこで終わっていたと思います。2009~2012年は人生も投資も大変つらく苦しかったのですが、人生にはこういう「雌伏」の時も必要だと思っています。


現在ある程度の資産ができたからといって油断してはいけません。やはり素直に謙虚に経済と相場に向き合い勉強を続ける、それを生涯をかけて行う。できるできないではなく、やっていかなければなりません。