あるデンソー期間工のブログ

期間工、投資、セミリタイア、観光、グルメ

はたして期間工から1億を目指せるか? 富裕層について考えます

【スポンサーリンク】

富裕層とは?

f:id:th639449:20170728215854j:plain

野村総合研究所は純金融資産保有額(資産から負債を差し引いた額)が1億円以上5億円未満を「富裕層」、同5億円以上を「超富裕層」と定義しています。私たちの生活の実感からして、この定義はおおむね正しいと言えるでしょう。

今回の記事ではこの富裕層について 

・富裕層はどのようにして資産を築いたのか?
・例外的に才能がある者、例外的に強運な者
期間工から富裕層(億)を目指せるか?

の3つから書いていきます。

富裕層はどのようにして資産を築いたのか?

1万2000人の富裕層統計

28%:自分のビジネスを起こして成功する
25%:医者や弁護士などの専門家になり高額な報酬を得る
24%:一流企業で経営者になり高額な報酬を得る
17%:相続
2% :株式や不動産投資で成功する
1% :著作物や特許によるロイヤルティ収入

「お金」と「自由」を手に入れる!経済自由人という生き方|本田健公式サイト

 

この本には富裕層がどのように資産を築いたのかが書かれているのですが、これは考えさせられることが多いです。


個人投資家の大きな目標の1つに「億り人」になる、というのがあります。投資をして金融資産1億以上を達成した人になることをいうのですが、この統計からそれは大変難しいことがわかります。

例外的に才能がある者、例外的に強運な者

自分で起業して成功する、医者や弁護士などの専門家になり高額な報酬を得る、一流企業の経営者になり高額な報酬を得る、著作物や特許のロイヤリティ収入を得る。あるいはスポーツや芸能の世界で活躍し高額な報酬を得る。


言うまでもありませんが、これらは誰にでもできることではありません。例外的に才能がある者が懸命に努力をし、タイミングや運に恵まれて達成できるといったところでしょう。私たちには参考程度でしかありません。


投資の世界でも例外的に才能がある者はいます。それは個人投資家で100万を200億にしたとか、数十億にしたとか、そういうレベルです。もちろん、私たちには参考程度でしかありません。


例外的に強運な者もいます。相続で億単位の資産が入ってきたとか、宝くじで数億円が当たっただとか。うらやましい限りですが、この大相続時代に億単位の遺産相続は一定数発生しているし、宝くじでも高額当選者が出ています。

期間工から富裕層(億)を目指せるか?

ハッキリ言って難しいです。


期間工・投資・副業を組み合わせて人生を薄めていく。途中で大きなリスクを取りそれがうまくいってなんとか億が見えてくるといった感じですが、そもそも億まで増やす必要もありません。


資産を数千万持った段階で思考回路が変化して違う生き方、違う可能性が見えてきます。資産を数千万まで増やせる、貯めれるような人が交替勤務やライン作業を継続する必要はどこにもありません。違う道に行くというのが必然ではないでしょうか?


それでもどうしても期間工から「億」を目指す人がいるなら止めはしません。期間工に加えて起業・投資・副業をやり大きなリスクを取ってみてください。「例外的に」才能や強運が発揮されて億を達成できるかもしれません。もしそうなれば私はその人を心から尊敬し敬意を表したいです。