あるデンソー期間工のブログ

期間工、投資、セミリタイア、観光、グルメ

期間工は貯金が捗るのは間違いない! 貯蓄・投資・消費をバランスよく行おう!

【スポンサーリンク】

期間工は貯金が捗る

f:id:th639449:20170729233540j:plain

少し前の話ですが30代前半の期間工2名が2000万以上の貯金を公開して大きな話題となりました。いくら期間工がお金を貯めやすい環境にあるとはいえ、この金額は半端ではありません。


私にはとても貯蓄だけでこの金額を達成することはできません。期間工で多く稼ぐのと余程の節約をしてこの金額に達したものと思われます。


今回の記事では

・お金に対する意識は人それぞれ
・貯蓄・投資・消費をバランスよく行う

の2つについて書いていきます。

お金に対する意識は人それぞれ

私も6年期間工をやって周りにいる多くの期間工を見てきたのですが、お金に対する意識は人それぞれで本当に個性が出ます。


私が実際に見たのはデンソー期間工の3年間で800万の貯金をした期間工です。平日は寮と工場の往復、休みは寮でゲームとネット。こんな感じで3年間で800万を貯め最後に預金通帳を見せてくれました。


私は自分の趣味であるお出かけや食べ歩きに誘いましたが、彼はそれを拒否しました。また、投資を勧めたのですがそれも拒否です。現状に十分満足していて、預金通帳の金額が増えていくことに無上な喜びを感じているようでした。


全く逆で、貯金が全くできない期間工もいます。おおよそ期間工の半分くらいでしょうか、貯金などしようともせず全部使ってしまう。飲む・打つ・買うに旅行・外食と彼らの武勇伝を聞くのはある種の楽しみでもあります。


またこれは期間工ではなく、早期リタイア希望の者によく見られるのですが、貯蓄も消費もせずにただひたすらお金を投資に回す。若いうちから節約をして投資資金を作っていって投資の成功と早期リタイアを夢見る人もいます。


上の3つは少し極端な例かもしれませんが、人間のお金に対する意識の違いを理解する上での格好の例となります。

貯蓄・投資・消費をバランスよく行う

私が現在意識しているのは貯蓄・投資・消費をバランスよく行うことです。

貯蓄だけでもダメ
投資だけでもダメ
消費だけでもダメ

まず貯蓄と投資を考えます。


銀行預金と日本株式・外国株式を一定の割合で増やしていきますが、非リスク資産とリスク資産の割合を考えます、また円資産と米国ドル資産の割合も考えます。そうやって金融資産全体を増やしていきます。


次に消費を考えます。


基本的に低コストの消費生活を身につけてはいますが、総資産および総収入に応じて自分が使える金額を増やします。お金を使う使わないは人により意見が分かれますが、私はやっぱりある程度はお金を使っていきたいです。


このように貯蓄・投資・消費のバランスをうまくとって、毎年緩やかに金融資産と総収入を増やしていき、毎年の使用金額も緩やかに増やしていく。緩やかでいいので、それを長年にわたって続けていく。


これが私の理想とするお金の扱い方です。