あるデンソー期間工のブログ

期間工、投資、セミリタイア、観光、グルメ

長い戦いの日々が始まります!デンソー期間工2017年7月度の給料明細! 

【スポンサーリンク】

 

2017年7月度の給料明細

f:id:th639449:20181029213953j:plain

2017年7月度(6月稼働分)の給料明細です。

 

出勤 22日

残業 17H

 

支給金明細

基準賃金   240900円(1日10950円)

時間外手当   31100円

深夜手当    23900円

交替手当    45600円

支給金合計  341500円

 

控除金明細

雇用保険料    1000円

健康保険料    8300円

厚生年金保険料 23600円

所得税      9000円

寮光熱費     7000円

食事代     13600円

控除金合計   62500円

 

差引支給額  279000円

 

6月の勤務状況

昼勤(8:40~17:15)12日、E勤(19:55~4:45)10日で、残業が約17時間です。

 

私の理想の勤務形態は、昼勤D勤の2組2交替 残業30時間です。6月はやや残業が少なかったのですが、赴任してきたばかりだし作業を覚えている途中なのでこれで良しとします。

 

給料総額34万は十分な数値で、感謝しなければなりません。健康保険料・厚生年金保険料はこれから上がってきます。来年6月からは住民税も引かれます。油断はできないですね。

 

このくらいの勤務状況が続けば良いのですが、生産計画を見ると7月は横ばいで8月からは少し減るようです。この変動が自分の勤務体系にどう影響してくるのか、注意が必要です。

 

6月の頭に大卒実習生が2人入ってきました。男性と女性の今年入社の大学院卒生です。3ヶ月間働くとのことです。

 

自職場の作業内容

大まかに今回の職場の状況を言うと

 

・大きな合理化ラインが2つ

・途中に外観検査工程が3つ

・同じく途中に機械加工・手組工程が2×2の4つ

・ロケでの作業が1つ

 

といった感じです。

 

合理化ライン

大きい合理化ラインが2本あってマシンオペレーターが2名います。ただここの担当は社員だけで期間工は触れません。常に2名の社員とアインシュテラーで設備を稼働させています。

 

様子をうかがうに、生産・製品品質・設備保全・異常処置・段取りと難易度が高そうです。私も以前にマシンオペレーターを担当したことがあるのですが、難しいところはホントにノイローゼになります。今回は逃れることができるのか?

 

ロケ

ロケでは部品を洗浄してパレットに入れてラインへ、ラインから空パレットが出るので部品を洗浄してまた入れてラインへ、という洗浄と供給の作業です。

 

比較的やりやすいと思いますが、ここも社員が担当していて基本的に期間工は担当しません。私には縁もなさそうです。

 

外観検査

外観検査は工程内検査で2本の合理化ラインに3カ所の検査工程があります。普通に期間工も担当しています。ラインに合わせ製品を見て良品は流す、不良品ははじく、限度内か迷う製品は一時保留であとで社員に見てもらう、という流れです。

 

定期的に不良の種類や数をオペレーターに報告したり、短時間に多量の不良が出たらすぐオペレーター、アインシュテラーに打ち上げをします。自工程の製品の品質は100%保証しなければならなく非常に重要な工程です。

 

機械加工

機械加工は2本の合理化ラインにそれぞれ1カ所ずつ、2つの工程があります。1つは3つの設備を2人で1.5人ずつ担当する工程で、もう1つは2つの設備を2人で担当する工程です。


男女、女女のペアが基本になります。私でいうと、私は全力で作業をやる、相手は8割の力で作業をし標準出来高を上回る感じです。私はついていくので精一杯です。


自職場のアレコレ

f:id:th639449:20181029214014j:plain

私はデンソー期間工の経験が長くいろいろな職場を経験してきましたが、今回の職場はかなりしっかりした職場との印象を持っています。例としてスリット管理、有休休暇、提出物の3つを見てみます。

 

スリット管理

自職場の班長はスリットミスをとても嫌います。どれくらいかというと、1回目のミスで口頭で厳重注意、2回目のミスで反省文を提出するという厳しいもの。

 

同僚の反省文を見せてもらったのですが「入場・退場は必ず同じルートを通る」「スリット後に指差呼称する」といったことが書かれていてびっくりしました。スリットミスは誰にでもあることなので気を付けます。

 

ちなみに私は過去2回スリットミスをしています。夜勤の始業前に懇談会があったのに退場時その時間の除外を忘れたのと、ある昼勤の入場のスリットを忘れました。ホントに、こんなことは無くしたいです。

 

有休休暇

有休が取れるのは1日1人までと決められています。ある日に複数の希望があった場合は当事者で話し合って1人を決めます。また教育、出張などで欠員がある日は有休は1人も認められません。

 

厳しいと思われるかもしれませんがこのくらいの方がいいです。私は以前に有休取得のルールが緩い職場を経験したのですが、複数人が一度に有休を取り人が足りなくて大変な思いをしたことがあります。何回もそんなことがありました。

 

それを考えると組を運営していく現場を円滑に回していくうえで、今の職場の有休の取り方の方が全然いいです。

 

提出物

デンソーでは提出物だったり宣言文を書くことがよくあります。これはどこの職場でもそうですが、毎回必ず提出物の期限に遅れる人がいます。知らず知らずのうちにルーズになっているんですね。

 

自職場では提出物や宣言文はほぼ当日か翌日くらいには済ませます。班長が朝礼で展開したり、個人的に言ったりして期限に遅れるようなことはありません。この件については厳しいのではなく、しっかりしている感じですね。

 

長い戦いの日々

これからこのような環境で仕事をしていきます。

 

夏の暑さに冬の寒さ、交替勤務に長時間労働、設備トラブルに不良品、職場の人間関係もいろいろありそうです。こんな中でやっていかなくてはならない。

 

長い戦いの日々が始まります。

 

 

関連記事です。

 

デンソー期間工はどのくらい稼げるのか?給料・満了金・年収のまとめ! - あるデンソー期間工のブログ