あるデンソー期間工のブログ

期間工、投資、セミリタイア、観光、グルメ

さらば紙の賃金明細票!デンソー期間工2017年8月度の給料明細! 

【スポンサーリンク】

 

2017年8月度の給料明細

f:id:th639449:20181030211615j:plain

2017年8月度(7月稼働分)の給料明細です。

 

出勤 21日

残業 20H

 

支給金明細

基準賃金   229950円(1日10950円)

時間外手当   36700円

深夜手当    26100円

交替手当    50200円

研修助成金     250円

支給金合計  343200円

 

控除金明細

雇用保険料    1000円

健康保険料    8300円

厚生年金保険料 23600円

所得税      9100円

寮光熱費     7000円

食事代     11900円

控除金合計   60900円

 

差引支給額  282300円

 

7月の勤務状況

昼勤(8:40~17:15)10日、E勤(19:55~4:45)11日で、残業が約20時間です。

 

肉体的な負担も重くないしそこそこお金も稼げる、なかなかいい勤務状況です。日給が高いというのもありますが、こうしてみると深夜手当、交替手当も大きいです。およそ76000円で交替勤務を頑張った甲斐がありました。

 

研修助成金が250円入っています。ある日の定時後に30分、ある研修を行いました。そのまま残業を付けてくれた方が金額的にはありがたいのですが、まあこれはこれで良しとします。

 

夏の暑さ

7~8月と暑い日が続いています。毎年のことですが、この暑さにはどこの工場も大変苦労していることと思います。

 

幸い私のいる部署は温度管理がされていて、夏場でも(冬場でも)常に一定の温度が保たれています。これはあまりに暑い(寒い)と製品、部品、材料に影響が出るためで、温度と湿度を常に一定にする必要があるとのこと。

 

とてもありがたいですね。他の自動車工場の様子を見ると、地獄という表現もされていたりするので、その点ではかなり恵まれています。なおデンソーにはこのような温度管理がされている部署は比較的多くあります。

 

さらば紙の賃金明細票!

f:id:th639449:20181030211719j:plain

私は5月中旬に入社したのですが、6月と7月は従来通りの紙の賃金明細票を貰いました。ただ7月の賃金明細票とともに賃金明細票の電子化の案内が来ました。

 

「基本賃金明細票は電子化するよ!もし紙の賃金明細票が必要ならその理由を書いて提出して!」との案内です。

 

とても迷いました。私は過去2回のデンソー期間工の賃金明細票をすべて保持しています。今回もすべて残していく予定だったのですが、結局は電子化を受け入れました。

 

電子化はやはり便利ですね。毎月第8稼働日にスマホ1つで給料明細を簡単に確認することができます。

 

この電子化の最大の特徴は食堂利用の実績明細を見れることです。何日に何を食べて値段とカロリーと塩分が表示されます。食事代を抑えたい私にも、カロリーが気になる女の子にもとっても役に立ちます。

 

ペーパーレス・Web化の流れ

去年の11月に前回の赴任を満了し、半年のクーリングを経て今年の5月に入社しました。その間に特にペーパーレス・Web化が目立つようになってきたと感じています。これも時代の流れなのでしょうか?

 

まず研修中に驚いたのが、遅刻・欠勤・早退と有給の申請に使用する休務票(緑のカード)が無くなったことです。スマホかPCを使ってWeb上で申請するとのことですが、緑のカードに慣れ親しんだ私には違和感がありありです。

 

ちなみに経験者に与えられる慰労休暇の申請については、Webと従来通りの「黄色のカード」を併用して申請します。やはりこちらの紙のやりとりのほうがしっくりきます。

 

職場に配属されてすぐにアンケートがありました。この回答もスマホ、紙の2つがあってスマホが推奨されていました。デンソーではアンケートがよく見られますが、いずれ回答はスマホ1つになるでしょう。

 

これはまだ私は経験していませんが、健康診断についてもWeb化が進んでいるとのことです。問診票を事前にWebで回答したり、結果をすぐWebでみることができるようになったとのことです。

 

※2018年9月追記

2018年9月より出張日の勤務登録と前日以前の勤務実績訂正が、従来の紙からスマホ・PCで出来るようになりました。

 

この流れは止まらない

今年入社したデンソー期間工はこれらのことを普通に受け入れているはずです。ペーパーレス・Web化は当たり前の流れだし、事実紙に比べ便利になっていることは間違いありません。

 

しかし私は古い人間のせいかどうしてもこれらのことに違和感を持ってしまいます。確かに便利にはなっていますが、何かとても大切なものを失っているような気がします。それともそのうち慣れてくるのでしょうか?

 

いずれにせよ、これからもこの流れは続いていくのでしょう。周りの物がどんどんペーパーレス・Web化されていくはずです。

 

そのうち入社時の書類や延長申請時の書類 、満了退職時の書類などもペーパーレス・Web化するのかもしれませんね。

 

 

関連記事です。

 

デンソー期間工はどのくらい稼げるのか?給料・満了金・年収のまとめ! - あるデンソー期間工のブログ

 

金融資産の点検をします!2017年8月の金融資産! - あるデンソー期間工のブログ