あるデンソー期間工のブログ

期間工、投資、セミリタイア、観光、グルメ

デンソー期間工2017年10月度の給料明細です! 常昼勤務のメリットとデメリット!

【スポンサーリンク】

2017年10月度の給料明細

f:id:th639449:20171021223647j:plain

デンソー期間工2017年10月度(9月稼働分)の給料明細です。

出勤  20日

有休   1日

残業  21H

 

支給金明細

基準賃金   229950円(1日10950円)

時間外手当   38000円

深夜手当        0円

交替手当        0円

改善提案     1000円

支給金合計  269000円

 

控除金明細

雇用保険料     800円

健康保険料    8300円

厚生年金保険料 23800円

所得税      6000円

寮光熱費     7000円

食事代     19100円

控除金合計   65000円

 

差引支給額  204000円

勤務状況を見てみる

出勤は20日で全部昼勤(8:40~17:15)、有休(慰労休暇)が1日、残業が約21時間でした。


9月は常昼勤務だったので夜勤がありません。支給金明細をみると深夜手当、交替手当が0円です。夜勤がある月に比べておよそ6~8万円のマイナスになるわけで、これはかなり大きいです。


まだ残業を21時間やったからよかったのですが、これで残業がないとなるとさらに支給金、差引支給額が減ることになります。期間工をやる意味がない、と言っても決して大げさではないでしょう。


さて、私は8月の2週目から2月半ずっと昼勤のみなのですが、常昼勤務のメリットとデメリットについて書いてみます。

常昼勤務のメリット

身体にいい、これに尽きます。


私はお盆明けからずっと、夜12時に寝て朝7時に起きるという生活を続けています。人間として当たり前なのですが、規則正しい生活をして体調がいいです。逆に今までは身体と精神に相当な負担を掛けていたのですね。


あの夜勤特有のだるさ、眠たさや夜勤明け休日の肉体的・精神的な疲労がなく、同じ昼勤務でも2交替と常昼では負担が全然違うことがわかりました。次に夜勤をやる場合、慣れるまでは結構苦労すると思います。

常昼勤務のデメリット

給料が安い、これに尽きます。


給料明細を見ると分かりますが、給料が安いですね。私の今年7・8月度の給料明細と比べても7~8万円安くなっています。これが続くとなると、さらに残業が減っていくとなると目も当てられません。


私はまだ収入の複線化を図っているからいいのですが、期間工のみの人は大変なはずです。「期間工の意味がない」「出稼ぎに来ている意味がない」というのももっともな気がします。

結論として

期間工として働くなら適度な夜勤と残業があった方がいいと思われます。私の実感としても、どうせ出稼ぎで期間工で働くならある程度の稼ぎを得たいですね。さすがに昼勤E勤の残業申請70時間はやり過ぎですが。


ただ常昼勤務も、例えば産休明けの女性社員や年配の社員などには向いてます。家庭を持つ女性社員は昼勤定時がちょうどよいでしょうし、高齢の社員で2交替をやめて昼勤定時になった人も一定数います。


私自身も今回の赴任中に夜勤を組まれればやりますが、満了後のセミリタイアをした後は昼型の規則正しい生活をしようと決めました。



関連記事です。

デンソー期間工の給料・満了金・年収についてです。 

www.d-kikankou.site

 

デンソー期間工2017年9月度の給料明細です。 

www.d-kikankou.site