あるデンソー期間工のブログ

期間工、投資、セミリタイア、観光、グルメ

社員登用2次試験が近づく!

【スポンサーリンク】

2017年11月第1週

f:id:th639449:20180116230210p:plain

最近は朝夕に温度差があり、日々によっても温度差があります。季節の変わり目のこのような時は体調を崩しやすいので要注意ですね。

 

昨日、仕事から帰ってきてトイレ、洗面台、エアコンフィルターの大掃除をしました。トイレ、洗面台はいつものこと、エアコンフィルターは年2回の掃除となります。これで安心してエアコンの暖房をつけることができます。


さて、デンソーの社員登用試験は9月に1次試験が行われ、10月の下旬に1次試験の合否の発表がありました。いよいよ今月2次試験となります。今回は社員登用試験について少し書いてみます。

社員登用2次試験 

まずは社員登用1次試験の合格おめでとうございます。1次試験の筆記試験、部内面接試験を突破したのですから、自信を持って2次試験に望んでください。


今回不合格だった人もあきらめる必要はありません。真面目にしっかりと働いてまた次回チャレンジするといいです。4~5回受けて合格する人もたくさんいるのですから。


社員登用2次試験は本社で面接試験と作文試験が行われます。2次試験に望む人はもうすでにどのような内容の試験になるか情報を得ているはずです。毎年の傾向と対策はほとんど変わらないですね。


この時期になると、2次試験受験者に課長が模擬面接を行ったり、班長や係長が模擬作文の添削をする光景がよく見られます。受かってほしいからこそ厳しくやる、受験者はそれを真摯に受け止め頑張ってもらいたい。

社員に登用される者

私が見てきた社員登用者は普通にしっかりした人で、期間工時代から「ああ、この人ならリーダーを任せられるな」という人です。「アインシュテラー、班長くらいにはなれるだろう」と思わせる人達でした。


年齢は20代の前半がほとんどで、20代の後半が少し、30代はめったに見ませんが過去に33歳、35歳の2人の社員登用者を見たことがあります。メインは20代と考えていいでしょう。

社員になるために

社員登用に意欲的な期間工の例を挙げると、

・社員登用試験を4~5回受ける
QCサークルで発表、全社大会や全国大会に出場する
・発明改善提案でダイヤモンド賞を取る
・車内運動会で大活躍する
・社内の飲み会や行事に積極的に参加する

などがあります。


いずれも大変そうに思われますが、強制的とかではなく自発的にやっています。これくらい普通にこなせるくらいでないと、デンソー社員として通用しないでしょう。


もちろん、これらのことをしても必ず登用試験に受かるわけではないし、初回の入社から半年して登用試験を受けた人が普通に受かる例もみられます。

大切な時期

前回と同じことを書きますが、受験者にとって今は一番大切な時期です。


交通事故や職場災害などを起こせばもうそれでアウトです。今までの苦労がすべて無駄になってしまいます。事故や災害などないように細心の注意を払い、あとは普通のことを普通にやるだけです。


デンソー期間工から正社員になれれば、その人生は大きく変わります。自分自身で一生懸命頑張って自分の人生を変えていく。とてもかっこいいですね。


2次試験の受験者の皆さん、頑張って‼



関連記事です。

デンソー期間工の社員登用について詳しくまとめました。

www.d-kikankou.site

 

社員登用後についてまとめました。 

www.d-kikankou.site