あるデンソー期間工のブログ

期間工、投資、セミリタイア、観光、グルメ

今年も日給がアップしました!デンソー期間工2017年11月度の給料明細! 

【スポンサーリンク】

2017年11月度の給料明細 

f:id:th639449:20171118213623j:plain

2017年11月度(10月稼働分)の給料明細です。

出勤  20日

有休   1日

残業  26H

 

支給金明細

基準賃金   233100円1日11100円

時間外手当   48000円

深夜手当        0円

交替手当        0円

支給金合計  281100円

 
控除金明細

雇用保険料     800円

健康保険料    8300円

厚生年金保険料 23800円

所得税      6400円

寮光熱費     7000円

食事代     20100円

控除金合計   66400円

 
差引支給額  214700円

日給がアップしました

今までの日給は

1年目 9,650~10,950円
2年目 10,650円
3年目 10,950円

でしたが、今年の10月から

1年目 9,800~11,100円
2年目 10,800円
3年目 11,100円

となりました。


私は前回の3年フル満了から1年以内に赴任しているため、1年目から11,100円の日給となっています。


現在のデンソー期間工はいわゆる入社祝い金が無いため、スタートダッシュは他社に比べて劣ります。しかし、高い日給と満了金に残業と夜勤をすることで十分な年収を稼ぐことができます。

勤務状況を見てみる

出勤は20日で全部昼勤(8:40~17:15)、有休(慰労休暇)が1日、残業が約26時間でした。


常昼勤務が続いています。私の組は土日の出勤がなく、生産の遅れは平日の残業で挽回していきます。また毎日1名の社員が設備立上のため早出をするだけで、私たち期間工の早出勤務はありません。


よって夜12時に寝て朝7時に起きる、昼勤で毎日1時間と少しの残業をするという規則正しい生活を継続しています。平日の夜は投資の勉強やブログを書いたり、土日はお出かけに食べ歩きと、そのような日々を過ごしています。


日給がアップしました。「デンソー期間工で常昼勤務は稼げない」とよく言われますが、私からすれば夜勤も早番でもない非正規社員の常昼勤務でこのくらいお金を貰えれば十分と考えます。


ただ周りの期間工の反応を見るに、夜勤をやってもう少し稼ぎたいという思いがあるようです。それでは常昼勤務を脱するにはどのようにすればよいのでしょうか?

常昼勤務を脱するには?

「夜勤と残業をやってお金を稼ぎたいです。もし次の機会があれば自分を移動させてください」と正直に班長、係長に言います。


デンソーでは定期的に工程変更による人員の調整があり、うまく移動させてくれるかもしれません。また常昼勤務に社員を当てて、期間工に夜勤をやらせるということもあります。


必ず常昼勤務を脱せるとは限りませんが、まずはきちんと意思表示をすることが大切になります。


それでも常昼勤務が続くのなら、それを受け入れるしかありません。期間工の入社時に「配属は会社の決定に従う」ことに了承して入社したのですから。


この場合アルバイトをして他に収入を得るとか、節約して毎月の出費を抑えるとか何かしらの対策が必要になります。期間工の常昼勤務は人気がないのですが、それはこのような理由によります。



関連記事です。

デンソー期間工の給料・満了金・年収についてです。 

www.d-kikankou.site

 

デンソー期間工2017年10月度の給料明細です。 

www.d-kikankou.site