あるデンソー期間工のブログ

期間工、投資、セミリタイア、観光、グルメ

岡崎の桜まつり‼ 岡崎城・岡崎公園!

【スポンサーリンク】

岡崎の桜まつり

f:id:th639449:20180408231113p:plain

日本さくら名所100選の1つである岡崎公園を中心に、今年も桜まつりを開催します。イベントやライトアップのほか、たくさんの屋台が春の岡崎を盛り上げます。


期間 2018年3月29日(木)~4月13日(金)
会場 岡崎公園及びその周辺の乙川、伊賀川など

岡崎公園へのアクセス 

愛知環状鉄道中岡崎駅」より徒歩10分。

岡崎公園 

岡崎公園は、岡崎城の城跡を公園にしたもので「岡崎城」や「三河武士のやかた家康館」を中心とした歴史と文化の公園です。

伊賀川

伊賀川の桜並木です。

川の両岸に居並ぶ桜は絶好の撮影スポットで、PRに使われる写真もよくここで撮影しています。

竹千代橋より。

天候にも恵まれ絶好の花見日和です。

坂谷橋より。

みんな思い思いの場所にシーツを並べ花見を楽しんでいます。

乙川

乙川の河川敷はたくさんの屋台が並びます。
例年人であふれかえります。

屋台に並ぶのも一苦労です。

乙川の両岸に咲き誇る桜は見事。

この人の出入りを見てください。写真中央に乙川の橋があるのですが、びっしりと人であふれています。この状況が終日続きます。

岡崎城

大手門

この大手門は、岡崎公園の表玄関にふさわしい建物として、1993年に再建しました。(高さ11m、幅16.4m、奥行6.3m)

三河武士のやかた家康館

家康公の出生から天下統一までと、それを支えた三河武士達を、常設展で5つのコーナーに分けて解説しています。

徳川家康画像

日本の戦国時代を終結させた戦国の英雄。私たち日本人は徳川家康から学ぶことが数多くあります。

松平元康像

徳川家康に改名する前の若き松平元康の像です。

岡崎城

岡崎城徳川家康が生まれた城として有名です。1959年には天守が3層5階建てに復興され、2006年には日本100名城に選定されました。

東照公産湯の井戸

西暦1542年に岡崎城内で誕生した竹千代君(家康公)の産湯に、この井戸の水が用いられたことから開運スポットにもなっています。

東照公えな塚

家康公のえな(へその緒・胎盤)を埋めたと伝えられる塚です。

龍城神社

岡崎城の隣に鎮座する神社です。家康公生誕の朝、城楼上に雲を呼び風を招く金の龍が現れ、昇天したという伝説が残るパワースポットです。

本多平八郎忠勝公銅像

その兜には鹿角の脇立
その肩には死者を弔う数珠
その手には名槍・蜻蛉切

ライトアップ

昼間とはまた違った雰囲気です。心地よい涼しさ。

乙川周辺は人波が絶えることがありません。

東海地方随一と言われる桜のライトアップ。

ライトアップされた岡崎城も幻想的。

天守閣からの夜景です。

感想

岡崎公園の桜祭りです。例年のことですがいったいどこから来るのだろう、というほどの人であふれかえります。写真にあるように乙川の河川敷は終日あの人波でした。


岡崎城徳川家康の生地です。東海地方にいるメリットの1つに戦国時代に関連した観光名所がたくさんあるのですが、岡崎城もその1つであり興味深く見学しました。


ライトアップも大変趣があります。東海地方随一と呼ばれるのは伊達ではありません。いわゆる非日常を夜桜に求めるのも風流なものです。


総じて満足すること間違いなし。この人出も納得がいきます。これからも岡崎の桜まつりがますます繁栄していくことを願っています。