あるデンソー期間工のブログ

期間工、投資、セミリタイア、観光、グルメ

現在の作業状況!デンソー期間工2018年4月度の給料明細! 

【スポンサーリンク】

2018年4月度の給料明細

f:id:th639449:20180422225533j:plain

2018年4月度(3月稼働分)の給料明細です。

出勤  21日

有休   1日

残業  43H

支給金明細

基準賃金   244200円(1日11100円)

時間外手当   79600円

深夜手当        0円

交替手当        0円

改善提案     1500円

支給金合計  325300円

控除金明細

雇用保険料    1000円

健康保険料    8300円

厚生年金保険料 23800円

所得税      8000円

寮光熱費     7000円

食事代     23300円

控除金合計   71400円

差引支給額  253900円

勤務状況を見てみる

出勤は21日で全部昼勤(8:40~17:15)、有休が1日、残業が約43時間でした。


3月度に47時間の残業をし、4月度は43時間の残業です。3月度に私を含めた組の半数のメンバーが残業申請をし、4月度は残りの半数が残業申請をするというシフトで忙しかった年度末を乗り切りました。


改善提案の報奨金1500円が支給されています。私は毎月一件の改善提案を提出していますが、ささやかながらお金になるのはうれしいことです。


支給金と控除金を見るに、期間工の常昼勤務、この残業時間でこの金額というのは十分にもらっている方だと思います。この調子で契約期間の満了までしっかりと働いていきたいです。

現在の作業状況

さて、ここしばらく「人が少なくなって大変だ!」ということを何回も書いてきましたが、私の組の現在の作業状況について書いてみます。


私の組は大きい合理化ラインが2本あって、その中に

・外観検査工程が3つ(3工程を3人)
・機械加工工程が2つ(前2工程を2人、後2工程を2人)

という7工程を社員・期間工の7人で担当していました。合理化ラインのオペレーターとロケは社員専用です。


それがこの2月からは2人を減らし

・外観検査工程が3つ(3工程の3人)
・機械加工工程が2つ(前2工程を1人、後2工程を1人)

という7工程を社員・期間工の5人で担当しています。合理化ラインのオペレーターとロケは社員専用です。合理化ラインのスピードは落としています。


どのように回しているかというと、外観検査工程でラインのバッファ分を貯めてその消化中に機械加工工程に入る、という方法で外観検査と機械加工を繰り返します。状況に応じてライン外が機械加工の応援に入っています。


私は外観検査工程に入るのですが、この外観検査と機械加工を1日中繰り返していました。機械加工工程の担当者は、応援がないと基本1人で作業をこなすことになるのでとても大変です。

今後の作業について

2~3月は組のみんなが残業申請をして対応し、なんとか年度末を乗り切ったという感じです。4月以降もこの状況が続くのならば組の運営も難しくなるところでした。


ただ4月より生産台数が少し落ちて、それがしばらく続くとのことです。よって現在のこの作業体制もしばらく継続するとのことです。若干楽になったと言えるでしょうか。


この作業のやり方は最初はとても大変だったのですが、不思議と慣れてしまって今ではそこまで負担には感じません。人の慣れとは恐ろしいものですが、とりあえず延長した11月まではやっていけそうです。



関連記事です。

デンソー期間工の給料・満了金・年収についてです。 

www.d-kikankou.site

 

デンソー期間工2017年3月度の給料明細です。

www.d-kikankou.site