あるデンソー期間工のブログ

期間工、投資、セミリタイア、観光、グルメ

2018年5月の金融資産です! 投資の理想と現実!

【スポンサーリンク】

2018年5月の金融資産

f:id:th639449:20180503215705j:plain

なかなか思い通りにいかないのは人生も投資も同じこと。思い通りにいかない今月の金融資産です。

外国株式

f:id:th639449:20180503215835p:plain

f:id:th639449:20180503215847p:plain

株安と円高で資産損益が大きく悪化しています。約1万ドル、約112万円の評価損となりました。ディフェンシブとされる銘柄でポートフォリオを組んだのですが、低迷中とこの先の見通しも明るいとは言えません。

日本株

f:id:th639449:20180503220109p:plain

f:id:th639449:20180503220137p:plain

株主優待銘柄は本当に強いです。株主優待の改悪・廃止でもない限り、相場の影響を受けずずっと強いままのようです。中小型株の集中投資については無理をせず「慎重に慎重に」やっていきます。

銀行預金

メガバンクA 2,503,378
メガバンクB 5,000,000ちょっと

期間工として働いてメガバンクAに預金を積む、ネット収入を安定させてメガバンクBにも預金を積む、この流れを確立したいです。

投資の理想と現実

私は2016年に集中投資から分散投資へ移行しました。金融資産を外国株、国内株、銀行預金の3つに分けて運用していくことに決めたのです。


そして外国株式について、高配当・大型・ディフェンシブとされる銘柄を精選して6銘柄を購入したのですがご覧の通りです。株安と円高により大きな含み損となっています。


実は米国株には結構自信があって、資産が右肩上がりで増えていくだろうと思っていたのですが、全体的に低迷しています。同時期に適当に選んで購入した国内株の優待銘柄が鉄壁の守りをしているのは皮肉な結果です。

今後について

外国株式は含み損益を気にせずに、配当金の再投資を粛々と行っていきます。含み損が大きいですがむしろ安く買えると思っていて、株数を増やすチャンスです。ここで増やした株数はいつかこの先に報われるはず。


日本株式は理想は中小型株の集中投資で資産を大きく増やしたいのですが、逆の結果になることが目に見えているので集中投資は慎重にやっていきます。その中で配当金や株主優待がもらえるのはありがたいこと。大切にします。


今およそ3000万を運用しています。この資産を大きく減らすことは自分の人生の全否定に他なりません。それだけは避けなければなりません。今年の相場で投資の醍醐味を実感しながらそんなことを考えています。


このように見ていくと労働での収入がいかに大切か実感します。投資を焦らないで慎重にやっていけるのも生活のベースとなる収入があるからです。期間工というのも決して卑下されるような存在ではないですね。