あるデンソー期間工のブログ

期間工、投資、セミリタイア、観光、グルメ

一進一退!2018年6月の金融資産! 

【スポンサーリンク】

 

2018年6月の金融資産

今年の相場は思い通りにいきません。そんな時は労働の貴重さを改めて実感します。まだ期間工としてしっかり働かないといけません。

 

外国株式

f:id:th639449:20180531220807p:plain

f:id:th639449:20180531220818p:plain

NISA口座にて「PFF」を購入。「MO」「PM」「SO」とディフェンシブ銘柄を揃えたつもりが大きな含み損になっています。あまり気にせず私得意の放置プレイで行きますw

 

国内株式

f:id:th639449:20180531220933p:plain

f:id:th639449:20180531220942p:plain

これだけ見るとそうに好調に見えますが、中小型株の取り引きに苦戦しています。今年は大きなキャピタルゲインを得るのは難しそうです。

 

銀行預金

メガバンクA 2,619,120
メガバンクB 5,000,000ちょっと

 

毎月同じことを書きますが、しっかり期間工として働いてメガバンクAに預金をしていきます。これがすべての基本です。

 

ネット収入をメガバンクBへ。毎月500満を残してBから出金し、それを使うことによってメガバンクAからの出金を抑え預金を加速する、というサイクルを確立したい。

 

一進一退 

今年に入ってずっと外国株は円高・株安による大きな含み損、国内株式は優待株が大きな含み益という状況が続いています。

 

本当は国内株式の中小型株の集中投資で利益を挙げて、それで優待株・外国株を買い増しするという循環を実現したいのですが、なかなか理想通りうまくはいきません。

 

日経平均が中途半端な高値で、上下の方向感がいまいち掴めません。もし全財産で集中投資をやろうものなら間違いなくやられるだろうし、相場が気になって普通の生活ができなくなるかもしれません。

 

投資の才能がある人ならこの相場でも大きな利益を出していくのでしょうが、それができるのは全体の1%です。自分がそれに該当するかどうかはよほど愚かでない限りすぐに理解できることです。

 

ちなみに私は投資は「株」のみです。FXや仮想通貨という選択はありません。いずれも少しかじりはしたのですが、すぐに自分には合わないと悟り撤退しました。やはり株しかありません。

 

今年の相場が難しいというより、ここ数年の相場が例外的にやさしかったというべきでしょうか。かつては今年くらいの相場が普通だったはずです。そしてこの先も難しい相場が続いていきそうです。

 

株式市場から退場することはありませんが、無理をして相場で大きな利益を出そうとはせず、株主優待や配当金をもらい続けてコツコツとやっていきます。「相場で生き残っていく」これが最も重要なことです。

 

お金について考えてみる

f:id:th639449:20181023204008j:plain

私達にとってお金は無くてはならないものです。いくらきれいごとを言ったってお金がないと何もできないし、そんな人生や生活は惨めなだけです。お金があって豊かに暮らした方が良いに決まってます。

 

今月は改めてお金について考えてみたい。何の考えもなしにお金に対するのは極めて無謀なことです。私の理想とするお金との付き合い方について書いていきます。

 

それはお金を稼ぐ・貯める・使うことについて、何かに偏るのではなくいずれもバランスを取るということです。

 

バランスよくお金を稼ぐ

現在では収入の複線化はもはや必須のことです。正社員と非正社員だとか年齢、男女などすべて関係ありません。この日本に生きるすべての人が収入を複線化して豊かに生きていくことが当たり前になってきます。

 

単純に労働だけに頼るというのは20世紀の昭和の時代ならまだそれで良かったのですが、この21世紀の平成の終わりの時代にそれは通用しません。日本の各種指標を見てもただ働くだけではただ貧しくなっていくだけです。

 

収入の複線化として私は期間工、外国株、日本株、ブログと4つを実践しています。ただこれが必ずしも正解とは限りません。複線化の内容は各個人の資質や適性により異なってくるので、その形は様々です。

 

とにかく重要なのは何にするにせよ複線化を実行すること。これだけインターネットが発達した社会で何もしないのは、自分で自分の首を絞めているといっていいでしょう。

 

バランスよくお金を貯める

 

複線化して収入を増やしていくわけですが、得たお金をただ銀行に置いておくだけではいけません。適切なポートフォリオをデザインしてバランスよくお金を維持して増やしていくことが必要になります。

 

私は外国株、国内株、銀行預金と3つに分けて一定の割合で増やしていますが、これも必ずしも正解とはなりません。ポートフォリオについても各個人の資質や適性によってそのデザインが異なってきます。

 

例えばポートフォリオに不動産や仮想通貨を加えるのは全然アリでしょうし、債券や商品(ゴールド等)を加えるのも当然アリです。これらは投資として収入の複線化にもつながります。

 

ここでも重要なのは各個人にとって最適なポートフォリオをデザインしていくことです。決して卵を1つの籠だけに置いてはいけません。

 

バランスよくお金を使う

周りの期間工を見ているとよく分かりますが、まったくお金を使わないで貯蓄に励んだり、逆にすべてお金を使ってしまってさらに借金をしてしまったりと、極端な例が多々見受けられます。

 

ここでもバランスが必要になります。私は複線化された収入に対して、また自分のポートフォリオに照らして貯蓄・投資・消費を一定の割合で行っています。この割合も各個人によって異なり正解というのはありません。

 

私が理想とするところは十分に複線化された収入を持ち、十分に分散されたポートフォリオを持って、その上で特に節約をするのでもなく特に浪費をするのでもなく、普通にお金を使っていくことです。

 

そしてゆるやかな右肩上がりに収入総額、資産総額、消費金額を増やしていくことを理想とします。ここまでやって一生を通して豊かな人生を送ることができるでしょう。

 

これからは人生100年時代と言われます。確実に身につけたお金についての哲学は一生変わることがありません。お金を愛しお金に愛され生涯を通じて豊かな人生を送りたいものです。

 

 

関連記事です。

 

日給アップ・住民税・満了金!デンソー期間工2018年6月度の給料明細! - あるデンソー期間工のブログ