あるデンソー期間工のブログ

期間工、投資、セミリタイア、観光、グルメ

2018年6月の金融資産です! 一進一退!

【スポンサーリンク】

2018年6月の金融資産

f:id:th639449:20180527214854j:plain

今年の相場は思い通りにいきません。そんな時は労働の貴重さを改めて実感します。まだ期間工としてしっかり働かないといけません。

外国株式

f:id:th639449:20180531220807p:plain

f:id:th639449:20180531220818p:plain

NISA口座にて「PFF」を購入。「T」は損だしの取引を行いました。「MO」「PM」「SO」とディフェンシブ銘柄を揃えたつもりが大きな含み損になっています。あまり気にせず私得意の放置プレイで行きますw

国内株式

f:id:th639449:20180531220933p:plain

f:id:th639449:20180531220942p:plain

これだけ見るとそうに好調に見えますが、中小型株の取り引きに苦戦しています。今年は大きなキャピタルゲインを得るのは難しそうです。

銀行預金

メガバンクA 2,619,120
メガバンクB 5,000,000ちょっと


毎月同じことを書きますが、しっかり期間工として働いてメガバンクAに預金をしていきます。これがすべての基本です。


ネット収入をメガバンクBへ。毎月500満を残してBから出金し、それを使うことによってメガバンクAからの出金を抑え預金を加速する、というサイクルを確立したい。

一進一退 

今年に入ってずっと外国株は円高・株安による大きな含み損、国内株式は優待株が大きな含み益という状況が続いています。


本当は国内株式の中小型株の集中投資で利益を挙げて、それで優待株・外国株を買い増しするという循環を実現したいのですが、なかなか理想通りうまくはいきません。


日経平均が中途半端な高値で、上下の方向感がいまいち掴めません。もし全財産で集中投資をやろうものなら間違いなくやられるだろうし、相場が気になって普通の生活ができなくなるかもしれません。


投資の才能がある人ならこの相場でも大きな利益を出していくのでしょうが、それができるのは全体の1%です。自分がそれに該当するかどうかはよほど愚かでない限りすぐに理解できることです。


ちなみに私は投資は「株」のみです。FXや仮想通貨という選択はありません。いずれも少しかじりはしたのですが、すぐに自分には合わないと悟り撤退しました。やはり株しかありません。


今年の相場が難しいというより、ここ数年の相場が例外的にやさしかったというべきでしょうか。かつては今年くらいの相場が普通だったはずです。そしてこの先も難しい相場が続いていきそうです。


株式市場から退場することはありませんが、無理をして相場で大きな利益を出そうとはせず、株主優待や配当金をもらい続けてコツコツとやっていきます。「相場で生き残っていく」これが最も重要なことです。