あるデンソー期間工のブログ

期間工、投資、セミリタイア、観光、グルメ

夢、あこがれ、きらめくシーサイド!ラグーナテンボス!

【スポンサーリンク】

ラグーナテンボス

自然豊かな三河湾を望む複合型リゾート「ラグーナテンボス」では、エンターテインメントやグルメ、ショッピングなど先進のリゾートを楽しむことができます。

ラグーナテンボスへのアクセス

JR東海道本線蒲郡駅」よりシャトルバスで15分。
特定期間において無料シャトルバスあり。

f:id:th639449:20180718230013p:plain

ラグーナテンボス(ラグーナ 蒲郡) LAGUNA TEN BOSCH


遊ぶ、食べる、買う、癒す、温泉、泊まると何でもそろうリゾート施設。

ラグーナ フェスティバルマーケット

フェスティバルマーケット

ショッピングにレストラン、60を超えるシーサイドショップでここだけのリゾート気分を味わいます。

おさかな市場

市場の威勢のいい臨場感を体験できます。地元を中心とした種類豊富で新鮮な魚介類が揃っています。

海鮮たべりん広場

150席のイートインコーナーがあり、その場で出来立てを買って食べることができます。

特選海鮮丼 1500円

細かい説明は不要、1枚の写真で十分です。

観覧車

高さ65mの観覧車で三河湾を一望。
1周15分で600円。

ほぼ頂上より。
竹島三河大島。

ほぼ頂上より。
ラグナシアの様子。

クルージング

人気アニメ「ワンピース」のサウザンドサニー号に乗って、三河湾をクルージングします。子供たちに大人気の企画です。


1週約30分、1200円。

全長40mのサウザンドサニー号。

麦藁の一味が各所に居ます。

気分はまさに麦藁の一味。

写真は竹島
あっという間の楽しいクルーズでした。

ラグーナビーチ

キングスライダー

ここから登るのですがみなさんもうドキドキ。

ラグーナビーチのビーチパークでは、期間限定でたくさんの巨大エア遊具で遊ぶことができます。

ビーチハイウェイ

海上ウォーターパーク

ラグーナビーチに日本最大級の広さの海上ウォーターパークが登場しました。 海に浮いていて波でゆらゆら、足元はふわふわとスリル満点。ここで様々なアトラクションを楽しみます。

ラグナシア

エントランス

いよいよやってきました本日のメインイベント。
3300円を払って入園します。

クロノスの塔

ウロボロスの河

流れるプール。

ルナポルト

センタープール。

ジョイアマーレの浜辺

波のプール。

セイレーンの泉

ジャグジー

ここはナイトプールでの一番の撮影スポットとなります。

フラワーラグーン

レインボーアーチ

ここは夜になると幻想的な空間となるのですが、昼間はいまいちです。

光の草原

ここも同じく夜のほうが…

フラワーラグーン

花と水とアートが融合したエンターテインメントガーデン。現在夏の小旅行をテーマとしたサマーガーデンが開催されています。

ガラスの回廊の下にも花があり、まるで空中散歩をしているよう。

水面に映る花々を眺めます。

花のアーチを潜る。

ここは春夏秋冬の季節の花々が咲いています。季節ごとに来るのもよし、もちろん夜間のライトアップも素敵です。

感想

ラグーナテンボスへ行ってきました。ラグナシアは毎年夏に一回必ず行くことにしています。かつては「ラグーナ蒲郡」といったのですが、今はほとんど使われません、懐かしいですね。


ここは春夏秋冬とすべての季節で楽しむことができます。特に有名なのが夏のナイトプールと冬のイルミネーションでしょうか。私も地元民だったら年間パスポートを購入したいくらいです。


写真を見てプールの人が少ないと思われたかもしれません。私はこの日このまま通しでナイトプールにも参加したのですが、人の入りが昼と夜では全然違いました。夜の方が圧倒的に多かったです。


去年はおよそ昼夜が1:1なら、今年はおよそ1:2とそのくらい夜の方が多い。もうこの流れは完全に定着していて、今後もますますナイトプールがさかえていくと思われます。


さて、私は紫外線のため昼のプールを年3回までとしているのですが、サンビーチ、ラグーナと来て次はナガシマです。ナガシマについては次回記事にします。ラグーナのナイトプールはできる限り行く予定です。



関連記事です。

今年もできる限りここへ通います。 

www.d-kikankou.site

 

東海地方で純粋にプールを楽しみたいならここ。 

www.d-kikankou.site

 

日本最大級のリゾートです。 

www.d-kikankou.site