あるデンソー期間工のブログ

期間工、投資、セミリタイア、観光、グルメ

日経平均バブル崩壊後の高値を更新!2018年10月の金融資産!

【スポンサーリンク】

2018年10月の金融資産

ここ最近日経平均が高騰してザラ場、引け値で1991年以来27年ぶりの高値を更新しました。日本、アメリカとも株価は絶好調で、さらなる高値もありそうです。

 

そんな好調な地合いの中で私の金融資産はどうだったのか?この波に乗れたのでしょうか?

外国株式

f:id:th639449:20181004204237p:plain

f:id:th639449:20181004204249p:plain

動きはなく様子見。

国内株式

f:id:th639449:20181004204330p:plain

f:id:th639449:20181004204344p:plain

同じく動きはなく様子見。

銀行預金

メガバンクA 3,413,344
メガバンクB 5,000,000ちょっと

 

いよいよ満了が近づいてきました。賃貸マンション契約の初期費用、生活用具・家電一式の購入、税金・社会保険料と巨額の出費が控えています。

 

これらは合計で約60~70万くらいに見積もっています。すべてメガバンクAより支払う予定で、メガバンクBの500万はそのまま残します。

アメリカ株推移

f:id:th639449:20181004204412p:plain

ニューヨークダウ3年チャートSBI証券より、以下同)

 

見事なまでにきれいな右肩上がりで過去最高値を更新。ブレグジットトランプ大統領就任、米中貿易摩擦などがありましたがまるでお構いなしです。

 

私は2016年に外国株式個別株6種を購入しました。公益・タバコ・通信のセクターに分け、含み益を膨らませながらの配当金再投資をもくろんでいたのですが、VZとT以外全然さえない動きです。

f:id:th639449:20181004204432p:plain

PFF3年チャート

 

2017年以降はNISA口座にてPFFを購入しています。こちらも値動きがほとんどありませんし、これからも大きな値上がりは期待できなさそう、しかも金融危機時には半値にまで下がった過去もありますw

 

以上のように私はアメリカ株の上昇にまったく乗れていません。これは大変に残念なことですが、高配当株を安値で買い続けることができると負け惜しみを言っておきますw

日本株推移

f:id:th639449:20181004204450p:plain

日経平均3年チャート

 

私は「7月の金融資産」の記事にて、集中投資の限界として中小型株の集中投資はやめて証券口座を現金と優待株に分けたことを書きました。

 

本当に皮肉な結果ですがここを起点として株価が上昇していきます。私の監視していた銘柄も大きく値を上げていきました。当然私はどうすることもできません、呆然とただ見ているだけでした。

 

ちなみに私の保有する優待株は2月の急落にもビクともしなかったし、9月の急騰にもビクともしませんでした。頼りになるのかならないのかわかりませんw

 

以上のように日米の株価の上昇には乗れていません。しかしこの先の投資戦略は何も変更はありません。外国株式は配当金を再投資し続けるだけです。国内株式は配当金で優待株を拾うだけです。

 

最後にもう一つ。ここ数年で現金の重要性がわかるときがくる、とこの上昇相場に取り残されてしまった私が、負け惜しみを言ってこの記事の終わりとします。