あるデンソー期間工のブログ

期間工、投資、セミリタイア、観光、グルメ

今までに私が見てきた優れた期間工たち!

【スポンサーリンク】

2018年11月第1週

f:id:th639449:20181101215119p:plain

時の流れは早いもので、11月に入り今年も残すところあと2ヶ月。恐らくあっという間に終わってしまうと思います。

 

期間工の満了は残り1ヶ月となってから、意外と長く感じるのはみんなに共通すること。私も残り少しですがアッという間に過ぎてほしいものです。

 

さて、ネットの掲示板等では最近特に期間工として入ってくる者の質が落ちている、という意見をよく見かけます。まともな奴は期間工などやらないとのことです。今回は私の7年半の期間工生活で出会った優れた期間工3人について書いてみます。

 

学校教師から期間工

A君は地方の国公立大学で教員免許を取り、卒業して中学教師を2年間やったのち期間工となりました。

 

普通に物腰が柔らかく、話していても知的で賢い。あまり多くを喋らずに、おとなしく作業をしています。

 

教員時代は学力が低い生徒やその親たちを相手にするのに相当苦労したそうで、ノイローゼになりかけたそうです。

 

期間工となってからは黙々と作業に徹していて放任も自分に合っていると言っていました。かなりの額を貯金していたようです。

 

早稲田大学三菱商事から期間工

Bさんは早稲田大学を出て三菱商事に入社、アメリカで為替のトレーディングに携わっていたものの、2003年のイラク戦争のころに損失を出して退社。以降は期間工をしているとのことです。

 

にわかには信じがたい話ですが、為替や株についての知識が豊富で、学生時代や商社マン時代を懐かしくも詳しく話してくれました。現在は嫁さんと子供2人を育てているとのことです。

 

私がこの人が本物と理解したのはネット証券の口座を見せてもらったからです。2014年1月の時点で約6000万の金融資産です。

 

期間工の給料は月5万が自分で残りは全部嫁さん
株主配当金は全部自分で株主優待は全部嫁さん

 

と、しっかりとした金銭管理です。2人の子供を成人させるまで期間工で働き、その後はリタイア生活に入る予定とのこと。

 

とても優れた人で私も大きな影響を受けました。この時期にこの人と出会えて本当に良かったです。

 

とにかく人を引きつける期間工

C君は東京の有名私大を卒業後、いくつかの職を経て期間工となりました。人柄や愛想がよく仕事もでき、本人も周りも社員登用されることを希望しています。

 

ある日、C君の担当工程のシュートを最新のカラクリを使用したシュートに変更することが決まりました。

 

アインシュテラーとC君が休日出勤をしてシュートの変更です。そして共同提案で改善提案の金賞を取りました。

 

QCサークルで発表が近づいてきました。発表者はC君です。

 

班長は練りに練って校正を繰り返して発表文を作成します。アインシュテラーはパワーポイントの展開を訓練・勉強して備えます。そしてC君の発表です。

 

部大会、全社大会を通過し全国大会へ。そこで賞を取り、それを見ていた製造部長からじきじきに「社員にならないか?」です。

 

その後社員登用試験を受けて見事合格です。これほど周りから祝福されて社員登用された人を私は知りません。恐らく班長や係長くらいにはなるはずで、末永く活躍することでしょう。

 

以上、私が見てきた優れた3人の期間工です。期間工の中にはこのような優れた人材が埋もれていて、めったに出会うことはできませんが確実に存在はしています。私も彼らから大きな影響を受けることとなりました。