あるデンソー期間工のブログ

期間工、投資、セミリタイア、観光、グルメ

棚卸と大卒実習生とこれからについて!

【スポンサーリンク】

2018年9月第1週

f:id:th639449:20180830211654p:plain

2018年も今日からもう9月です。もうすっかり秋の気配が漂い、涼しく過ごしやすくなってきました。あの暑かった夏が過ぎるのはうれしくもあり、また少し寂しくもあります。

 

今年も3分の2が終わってしまいました。決して毎日を無為に過ごしているつもりはないのですが、日々が過ぎるのはとても早く本当にあっという間。期間工といえどこの日々を大事にしていきたいです。

 

さて、昨日は棚卸があり、大卒実習生も実習の最終日でした。これからの組の人員体制も気になるところです。今回は棚卸と実習生とこれからについて少し書いてみます。

棚卸

今回私が赴任してから3回目の棚卸で、すべて同じこの職場で行っています。常昼勤務なら避けようがありません、まあいつものこととして今回もやりました。

 

今回は午前中は通常の生産をして、午後から棚卸です。 棚卸の内容は製品・部品の数を数える、ダブルチェックをする、棚卸現品票を品番順に揃えるとやることはいつも決まっています。

 

どうしても気分がだるくなるのは仕方がありませんが、私はデンソー期間工として何回も棚卸を経験してきたこともあり、今回も無事に終わらせることができました。 

大卒実習生

5月下旬から配属された大卒実習生のD子さんも、3ヶ月ちょっとの実習を無事に終えて昨日が最期となりました。

 

最初来たときは頼りなくて工程を任せられるか疑問だったのですが、1ヶ月もすると立派に一人立ちして機械加工工程をマスター。それからどんどん作業が早くなり、完全に私を越えてしまいましたw

 

休日出勤や夜勤もなく残業申請もない適度な残業で、3ヶ月間有意義な実習だったのではと思います。「皆さん大変お世話になりました、これからも共に頑張っていきましょう!」という力強い挨拶をして実習の終了です。

 

これから本社に戻りいよいよ正式な配属となります。きっとD子さんならしっかり仕事をして素敵な人を見つけて幸せな家庭を築いていくと思います。これからも頑張ってください。

これから

現在の自職場は

・外観検査工程3ヶ所 3人
・機械加工工程2カ所 2人

でやっていて、ここにD子さんが2カ所の機械加工工程を掛け持ちで担当するという状態でした。

 

大卒実習生の終了後は1人少ない人員体制で行くとのことです。よって外観検査の3人が機械加工と掛け持ちをして生産をしていくということ。

 

生産・工数・人員から考えるとこれくらいがちょうどよいようです。私も何も異論も不満もありません。作業は結構大変だけどこれからも頑張っていきます。